発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
まぜっかえす。
■■発創する会議術31.■■

■まぜっかえす。


つまらない合意をするくらいなら
会議をまぜっかえす方が
面白くなります。


つまらない合意とは
何も生み出さない合意です。


例えば


意見が
AかBか
で対立して

いろいろ話し合った結果


Aになりそうだ
または
AとBの中間(いわゆる妥協点)になりそうだ


これはつまらない。


せっかく対立しているのに
何にも生み出していない。


AかBかで
どちらかを取るということは
ひとつを消去したに過ぎません。

AかBかいずれかが正しいという
とっても狭い視野に立っている。
そんなことあり得ますか?


AとBの中間はもっとつまらない。
Aがいい人とBがいい人がいるのに

どちらにとっても
よいとは言えない結論
になる。
そんなバカな。

話し合う意味が
限りなくゼロになってしまいます。


もうひとつのパターンは
ひとつの意見しか出なくて
それがいかにも正しそうに思えて

そのまま合意するケース。
これも面白くない。


脳みそ寄せ合う意味がない。
一人の天才のアイディアは
衆知に勝てない。
ということになってしまう。

それは
認めたくないわけです。
ギリギリまで。


みんなで
グジャグジャ
むにゃむにゃやって
ウルトラCを生み出す。


こういう会議が
したい。



だから
こういう面白くない展開になったら


まぜっかえしてみましょう。



例えば


アホな意見を言う。
物分りの悪い振りをする。
わざとわき道にズレる。
ずばり「なんか面白くないから、嫌」と言う。


などなどです。


AとBの意見が出たら

結論は
絶対、どちらにもしない。
Cを見つけてやる。



そんな
意地が
会議を面白くするように思います。



いつもまぜっかえす人は
単なる困った人ですけどね。



ファシリテーター
冨永良史



スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/99-5b760082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。