発創アリ。

2017 02
01 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 → 03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
光の射す方へ。




志を根拠に仕事をしていると言っても
やはりビジネスですから

既存サービスの充実だけでなく
新サービスの開発も重要です。


なのに。。。それが苦手というか
そういうことに、なかなか脳が働いてくれない。


にもかかわらず。。。仕事の幅は広がってるわけで。
なんとも幸せなことです。ありがたい。


どうして、そんな幸せなことになるか
今のサービスメニューひとつひとつについて
どうしてそれを始めたのか、を振り返ると


ほとんど、すべて
誰かからの「こういうの、やって欲しいんだけど、どう?」
という問いかけが起点になっていることに思い当たります。


ここでいう「こういうの」は
僕にとって、決して「はっ」とするほどの新境地ではなく
その前から、「なんとなぁ~く」「そういうのも、ありかなぁ」と
思いながらも、それ以上考えることを脳がサボっていたことです。


で、そういう「脳の構え」ができているところに
「こういうの、できない?」という問いかけをいただくと
とたんに脳が働きだして、新しいサービスとしてカタチになる。
というパターンを繰り返しています。

僕のサービス開発は
極めて「受動的」なんです。
まったく「攻めて」ない。


心身の構えがあるところに
新しい光が射してくると
心身が、反射的に反応する、というイメージです。


こういうのも、アリかな、と
自分で自分の状況を面白がっています。


今も、また、新しい光が射しています。


社会問題/ビジョンを扱う公開討論会のファシリテーター。
そして、講師養成のための講座の講師。


いずれも、そのうちできるかな、と思ってた程度でしたが
最近になって、外から光が射してきて
もうすぐ実現しそうです。


光が射してきた時に反応できる
構えと、しなやかさを、心がけたいと思っています。



スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/730-83de1fa5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。