発創アリ。

2017 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
らも&タランティーノ。



ファシリテーターとしての個性というか
スキルの奥底にあるマインドの色というか
そういうものは、いわゆる「勉強」「研修」を通じて
身につけたものではなく

ふたりのアーティストが光源となって
大きな影響を、今ももらっていることを
感じています。


作家/コピーラーターの「中島らも」
そして、映画監督/脚本家の「クエンティン・タランティーノ」。


脱力して間を置く。
混沌とした組み合わせを楽しむ。
本家本流を疑う。


言葉にすると、そのような姿勢を
膨大な作品群を通じて
僕に染み込ませてくれた方々です。



定期的に彼らの作品に触れたくなる時期がやってきて
今、そういうバイオリズムみたいです。


アートを光源に仕事を輝かせるエネルギーをもらう。
これは、僕の流儀かもしれません。

アートに関係ない仕事をしていても
アートの光を浴びせてみると見えてくるものがある。
そういう思考スタイルをとっています。


しばらく
らも&タランティーノ期間にします。

そういえば、タランティーノの新作が公開されてますね。

イングロリアル・バスターズ。

楽しみです。
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/710-900e40f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。