発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
ジェイズ・カフェ。
今日の福井新聞に魅かれる記事が載っていました。
それは、当ブログにもよくコメント下さる
金田先生がいらっしゃる地元の仁愛大学のことです。

仁愛大学の学生が
>学内に憩いの場『ジェイズ・カフェ』をオープン
>教授も学生も気軽に立ち寄れる場として好評

>人通りが少ない場所にあるため
>どうすればお客さんに足を運んでもらえるかが課題


コミュニケーション学科の学生さんが
卒論のこと考えているうちにひらめいたアイディアだとか。
学生の自主運営で、お手ごろ価格で
コーヒーや軽食が楽しめるようです。


これ、面白くできると思うんです。


何しろ仕掛けているのが
「戦略的コミュニケーション」を研究する先生の
教え子たち。


戦略的に
コミュニケーションをデザインする
実証の場にできますよね。


気軽に立ち寄れる場は作った
でも、いまひとつ人の集まりが悪い
どうするか?


考えてみましょう。
どんなところに人が集まるのか?
例えば…

そこにしかないものがある
そこでしかできないことがある
そこにいくと面白いことが起きる


要は、唯一性と期待感ですね。
これにコミュニケーションを掛け合わせると


ここに来ると
思ってもみなかったような
つながりが生まれる
アイディアを思いつく
「それ、やってみよう!」という盛り上がりにつながる


となったりして。



ジェイズ・カフェに行くと
出会いがあって、つながって、何かが生まれる

そんな「たまり場」を演出できるのでは?



たまり場の条件は、例えば…


つながるきっかけがある
話したくなるテーマがある
自慢、PRでも許される


のようなことでしょう。
そうすると仕掛けとしては…


誰でも自由に書き込める
巨大な掲示板、落書き板がある

で、掲示板には、週代わりでテーマが出されたりして
例えば
「この大学の将来!」という大きなものから
「卒論テーマどうした?」という身近なものまで
学生も、先生も自由に書いて
掲示板の上でツッコミ合いしたり…
たまに、議論を整理する「管理人」が現れたり…

要はお茶を飲んでくつろぐだけでなく
「声」を残して、それをみんなに見えるようにして
それに触発されて、また「声」を残したり
おしゃべりの種にされたりという具合に

一人一人の「声」が共鳴を起こすような
そんな仕掛けですね。


それから
「声」が増えてきたら
みんなが興味を持っていそうなテーマに関して
交流イベントを仕掛けてみる。

例えば…


…すぐには思いつかない…

けど、多分、大切なのは
掲示板、落書き板で盛り上がった声を
テーマにすること。

それは
そこに通っていたみんなが知っている声だし
だから興味を持たれるから。

ひょっとしたら
そこから新しい「動き」が始まるかもしれない。
「いきなり、○○実行委員会発足!」みたいな。



さて
ちょっとした「魅かれ感」をもとに
書いたのであんまり具体的ではありませんが


要するに

集って、「声」を残す場があって
「声」がつながる仕掛けがあって
それを「動き」に結びつけられれば
思ってもみなかったことが生まれる

そういうコミュニケーションデザインを
実践できそうで面白いなぁ、ということです。



これ、企業組織にも役立ちそうな考えです。

硬直化した組織を
どうやってやわらかく、エネルギッシュなものにするか?


偶発的なつながりを組織内に演出する
そこから何かが生まれる。



そういえば
社内に会社が運営する「バー」や「カフェ」がある会社
ありますね。


サイバーエージェントとか
リンク&モチベーションとか


いずれも
アイディアと実行力で勝負している
ベンチャー企業。

人と人のつながりに
賭けているのでしょう。



カフェ、仕掛けてみませんか?
偶然のつながりに期待してみませんか?



ファシリテーター
冨永良史



スポンサーサイト
 ふるさと福井 コメント(2)
コメント
----

ブログ掲載、ありがとうございます。
いつもながらの「どつぼエントリー」頭が下がります。

ご指摘・ご提案どおりの目論みです。まだ開店したばかりですが、後輩達を含め着々と積み上げていければ「素敵な大学」になるかと思います。

その仕掛けをしているのがBombersの由縁です。
by: kinda * 2006/11/10 23:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

金田先生、コメントありがとうございます。大学にせよ企業にせよ、どんな「たまり場(=触発のきっかけ)」を作れるかが大きなテーマになってくるのではないかと漠然と感じています。それはひょっとして自治体であっても同じなのかもしれないと思ったり・・・。先生がおっしゃる地域に根ざすシンクタンクとは、ジェイズ・カフェの延長線上にあるように思えたりもします。
by: Tominaga * 2006/11/12 14:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/71-ad5f93dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。