発創アリ。

2017 03
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
ココロブランディング。



福井県立大学短期ビジネススクールin鯖江で
ブランディングの講義を担当してきました。


3回シリーズで
全体のテーマは「中小企業のブランド戦略」。


僕は、第3回担当。
前2回は、ブランド戦略の専門家による講義と
自社ブランド化に成功した経営者による講義&アドバイスでした。


で、僕の回は「ブランド創造会議」と題して
参加者の皆さん同士の対話を通じて、自身のココロの奥底にある
本当に届けたいメッセージを探してビジュアライズする
というワークショップをしました。


ファシリテーターがブランディング?
という疑問もあると思います。


でも、ブランディングとは
自分が一番大切にしたい価値を発掘して
相手に伝える活動をデザインすること
そして、その実行であるはずで

そのためには、自分や仲間との対話が必須です。


社長だけが自社ブランドを考えて
社員が誰も理解しなければブランドになりませんし

自分が何を大切に思っているのかが
モヤモヤとした状態では、またはアレもコレも状態では
ブランドとして伝わりません。

いずれも、対話によって
発掘し、鮮明化し、共感を生み出していかなければなりません。


というわけで
みなさんのブランディングを
ファシリテーターとして、お手伝いさせていただきました。



ブランディングは
カタチではなく
まずは、ココロから始まる。


自分のココロに鮮明に価値が描かれたとき
同僚やお客様とのコミュニケーションは活性化し
そこにブランドが発生する。

価値を描くには
ココロの奥底を探求する対話が必須。


だから、ココロブランディング。

そう考えています。
スポンサーサイト
 実績 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/681-13884b13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。