発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
女子力。


福井市男女共同参画/子ども家庭センター主催で


女性のためのスキルアップ講座
~話しあう、まとめる、伝える会議力~


を担当させていただいております。



今夜が、その2回目。
「アイディアを生み出す力」を
みなさんと一緒に探しました。



「女性のため」の講座ですから
もちろん、女性ばかり30数名です。


僕の普段のビジネス系講座では
男性の参加者が圧倒的に多いので


このように、女性ばかりの講座を開くと
男女の行動特性というのが
浮かび上がってきます。


何千万人もいる男女ですから
僕の経験など、高々知れたものですが
それでも、強く感じるのは


女性の方が
締め切り圧力に強い


ということです。


ワークショップでは
様々な課題を、短い制限時間の中で
密度濃く話しあって、結果を出すことを求めます。


男性ばかりの場合
時間切れが近くなると
開き直りモードになり、「時間延長やむなし」という
雰囲気がただよいはじめます。


ところが、女性ばかりの場合
時間が迫れば迫るほど、「なんとしても終わらせる」という
締め切りへの対抗意識?のようなものが発生して
追い込まれるほど作業効率が上がるのです。


サンプル数が少ないので
僕の独断も入っているとは思います。


でも、もしかしたら
女性の方が、生活の中で
多様な役割(妻、母、仕事などなど)を
限られた時間の中で担っていく状況にさらされているため

このような、締め切りへの発奮が生じるのかな

と思いました。


ちなみに、ブレーンストーミングをしても
出されるアイディアの数と多様性は
女性の方が、かなり多いように思います。


女子力、恐るべしです。


スポンサーサイト
 実績 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/672-d42cd9a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。