発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
想いをカタチに。


つい先日
福井県中小企業団体中央会主催

農商工連携人材育成講座の
第3回目として

「想いを形にするコンセプトづくり」


というワークショップを担当させていただきました。


これから農業を起点に、商工業と連携して
新たなビジネス展開を模索したいという方々を対象に
開かれている講座です。


僕の仕事は農業には無縁なのですが
一人ひとりの想いを対話を通じて引き出し
ビジョンというカタチにまとめるという点では
応用可能だろうということで
お話をいただいたわけです。


一種のキャリアプランニング/ワークショップという解釈で
お仕事に臨ませていただきました。


個人の将来ビジョンという内的なものを
本来あまり関係のない初対面の研修仲間に開示しつつ
対話を通じて鮮明なカタチにしていくという作業は
とても難しいと感じる一方で

他者の刺激によって想いが発掘されるという
ダイナミックな瞬間もある、可能性を感じる1日でした。



個人的な問題解決を
その問題にあまり関係のない人に開示すること
開示しあい、質問しあう中で
解きほぐされていくという対話は

カウンセリングなどの対面コミュニケーションとは
少し違った位相にあるように感じました。


多様な個性に触れる中で
自分を多面的に見つめて
自ら問題を解決していくヒントを拾い集め
想いを紡いでいく。


これは、よく考えれば
私たちの日常そのものの一形態でもあります。


今は、他者との相互干渉/触発の機会が
特にリアルな場面では少なくなっているので
ワークショップという人工的な空間で再現する価値があるのか
とも思わされました。


実は、この種の、個人のビジョンを多様な対話の中で組み立てる
というワークショップの仕事が、立て続けに入ってきております。

個人のキャリアを
組織コミュニケーションの中で考える

個人と組織のキャリアを融合する

というのは、今年の念頭に掲げた僕の目標の一つだったのですが
なにかが引き寄せられているのでしょうか。
不思議なチカラを感じるこのごろです。

スポンサーサイト
 実績 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/668-0071f0f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。