発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
人間力研究。



経営品質賞を運営している
福井県経営品質協議会という団体があります。
県内の「経営の品質を高めたい」と志す企業の集まりです。


日本経営品質賞が
その名の通り、国内最高の賞ですが

2006年、福井キヤノン事務機株式会社
2007年、福井県民生協

と2年続けて福井県の組織が受賞しています。


そんな経営品質先進県である福井の協議会で
新たな取り組みとして

人づくり実践研究会

を立ち上げ、「人間力の向上と組織力の強化」を実践的に研究していく
ということになりました。


なぜ、こんなことを説明しているかと言うと
この研究会の部会長に、僕が就任してしまったからです(汗)


パンフレットには研究会の説明について


「社員の能力開発とは職業専門能力と人間力の向上と考えます。
 しかし、この人間力の向上ほど過去に例がなく難しいものはありません。
 ここでは人間力向上の取り組みと真に企業が行う人材開発について
 研究していきます。」


とあります。
「過去に例がないくらい難しいもの」を
研究課題として与えられたというわけです(涙)


ヒリヒリとしたプレッシャーを感じると同時に
誰もが重要性を認識しつつ
まともに向き合おうとする人があまりに少なかった課題に
大勢の皆さんと一緒に向き合える機会をいただけたことに
この上ない喜びとやる気がわき上がってくるのを感じています。


僕がファシリテーション、対話を志しているのは
現場最前線で日々必要とされる個別実践の智慧を伸ばすには
それを背後で支える、人と人が理解し合い、恊働しあう能力が
必要だと考えているからです。


どうしたら営業スキルが伸ばせるのか?を考える前に
どうしたらミスを繰り返さなくなるのか?を考える前に
どうしたら開発スピードが上がるのか?を考える前に


私たちは
どんな可能性を持ち、どんなときにそれを発揮できるのか?
人と人が関係を結び、共鳴しながら成果を出すには
どんなマインドと実践が必要なのか?


そんな根本的なことを
現場の実践と、そこからの省察、対話を往復しながら
メンバーの皆さんの中に共鳴する智慧を紡ぎだしていきたい。

研究会を終える1年後
福井の中に、人間力向上を志す仲間の輪が生まれていて欲しい。


そんなことを願いつつ
今、研究会の企画を考えています。


スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(6)
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/05/10 16:29 * [ 編集] | page top↑
--高さんへ--

はじめまして、ようこそお越し下さいました。
ふっと浮かんだ言葉を丁寧に紡ぎたいと願いつつ
記事を書いています。
人間力は、今の自分の位置を受けとめ、同じように
他者の位置も受け入れることで育まれるようにも感じています。
他者の存在が自分の可能性の源であり、そんな自分の存在が
他者の可能性の源にもなりえるということかもしれません。
生きてるって楽しいです(笑)
これからも、発創アリ。の可能性の源になってくださいませ。
よろしくお願いします。
by: 冨永 * 2009/05/12 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
--ごぶさたしています(^^;--

久しぶりに覗いてみてびっくり!

実は、いま経営品質向上のための勉強を始めていて、近いうちに会社で勉強会を発足しようか?と思っていたところでした(^^;

また、そのためには自分だけでは理解が足りないことなども含めて推進しきれないので、コンサルやファシリテーターを探さなければいけないと思っていました。

しかも、経営品質の中でも一番興味があるのが、個人と組織の能力向上のカテゴリー・・・


経営品質と言えば、リッツカールトン大阪、ネッツ南国トヨタ、福井県民生協、福井キャノンが特に有名な中、冨永さんがその福井の協議会で部会長をするとは・・・

現在、全く当てがないわけではなく、来週hなしをする予定にはなっているんですが、不調に終わった場合、マジで冨永さんにどなたか紹介してもらっていいですか?
by: watanabe * 2009/05/15 02:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

watanabeさん、ようこそ。お久しぶりです。
部会長なんて。。。お恥ずかしい限りです(汗)
何を隠そう、僕は経営品質協議会の幽霊会員でして(笑)
今回の大役をいただいた理由は
経営品質に詳しかったり熱心だったりするからではなく
チームコミュニケーションと人づくりは関係が深いはず、ということなんです。。。
こんな僕でも、これから色々とご縁が広がりそうなので
お力になれそうなことがありましたら、頑張ります!
by: 冨永 * 2009/05/16 20:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

6/3でしょうか?
テレビで「経営品質・・・」といったような気がして、目を向けましたが、終わったあとでした。残念です。間違いかも。

ところで、最近「サーバント・リーダーシップ」という言葉を聴きました。
経営者が自社で働く人のことを一番に考えるというのは、なかなか素敵なことだと思いました。
リーダーシップの特性の中に「傾聴」「共感」「癒し」があるって不思議な感じがしましたが、今の上司がちょうどサーバントマインドをもっている方なので違和感はありません。

冨永様の言葉からは静けさと、さわやかな風を感じます。
福井県の経営者の皆様は、どのようなカラーをもっていらっしゃるでしょう?
経営品質について考える人たちがいらっしゃるのは、うれしいことですね。
by: 高 * 2009/06/04 18:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

高さん、ようこそ。
6月3日は、経営品質協議会の講演会でした。
人づくり実践研究会について、少しプレゼンテーションはしましたが
スタートは7月31日です。
カラフルな方々が集まりますので、ご縁があれば、ご参加をお待ちしております。
リーダーシップは、チームワークと並んで、これからの経営の重要課題になってくると思います。
いずれも、人との関わり方、つながり方、を考え直す方向に向かっているように感じています。
今までは経営と人の心のリンクが、あまりにも功利的だったので。。。
僕の記事やセミナーは、関わってくる方のサーバントたりえるようにと思いながら
できるだけ静かな気持ちで言葉を紡ぐように努めています。
好意的に受けとめてくださって、ありがとうございます。励みになります!
by: 冨永 * 2009/06/04 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/659-107c89ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。