発創アリ。

2017 03
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
失礼な会議。



年度の切り替わりには
いろんな団体で、総会を始めとした
区切りの会議が開かれています。


ビジネスに限らず
いくつかの「区切りの会議」に出席して思うことは


「失礼の基準」がズレてしまっている会議が
あまりに多いということです。


なぜ誰もが
書類の一言一句に間違いがないように気を張るのでしょう?

なぜ誰もが
きっちりスーツとネクタイで参加するのでしょう?

なぜ誰もが
意味不明の形式だけの会議に異議を唱えないのでしょう?


僕たちは社会的な関係の中に生きる存在として
「礼」ということを、とても大切にします。


しかし、礼とは
文言が正しいことでも、服装が正しいことでもなく


参加者の皆さんが
「そこに存在していただく理由」と
「参加したくなる理由、関心を持つ理由」を
共有してもらえるように配慮することこそ
根本的な「礼」だと、僕は考えています。


立派な資料ときっちりスーツの形式的会議が
どれだけ僕たちの時間を奪っているか。。。


あまりに「失礼」な話だと
この季節に、いつも思わされます。



スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/650-79cc4553
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。