発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
マラソン大会に出た。


地元のマラソン大会に出てきました。


第25回たけふ菊花マラソン
3キロ
高校生~39才男子の部

10分38秒

9位入賞。


3位内を狙った
スプリンター冨永としては
悔しい結果ですが

最近、ちょっと運動不足気味で
体重が増えていたことを考えれば
これが現実でしょう。



さて
僕は陸上競技協会の役員でもあり
大会運営のお手伝いもするわけです。

ゴールして表彰受けて
即、お手伝い。
正直、けっこう辛い。



さて、さて
それはともかく


こういう大会運営に
よく関わるのですが
そこで、いつも気付くこと。


あるとき
ある間合いで
みんなが率先して
お手伝いをはじめ

チームが生まれ
役割分担が自然にされて

テキパキと
ことが運びはじめる。

今、何が必要なのか
みんなそれぞれが判断をはじめる。

そんなことが起きるんです。
普段、ほとんど接触のない人たちなのに
何の打合せもなしに。

経験、ありませんか?
町内で起きた火事にみんなが駆けつけるとか
そんなイメージですかね。

このカギが知りたい。
なんで、こんな凄いことが起きるのか?

逆に
なんで、これが普段の仕事では
起きにくいのか?


そう言えば
今日の大会では
運営上、かなり大きなミスが起きて
選手の皆さんにご迷惑をおかけしました。

事前にちゃんと打合せされていて当然で
間違えようのないことが
間違われてしまった。

ありえないミス。


当然チームであるべき時に
なぜか、大きなホコロビができている。


一方では
準備していないのに
テキパキできるチームが生まれる。


両極端の出来事を
目の当たりにしました。


何か
ココから得られるヒントが
あるはずなんです。


…うまく、言葉にできない。



どう言えば
いいのでしょうか?


ファシリテーター
冨永良史





スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
コメント
----

「菊花マラソン」お疲れさまでした。晴天に恵まれ、よかったですね~。
マラソンしていても「視点はコラボ」。頭下がります。
現場を見ていないので何とも言えないですが、恐らく「自分の動き(こころ)だけ見えて、人の動きが見えない」とか「人の動き次第で自分の動きを決める」とか、、、結局「楽しんでるか、楽しんでいないか」でしょうね。

さて、「菊花マラソン」。初回からずっとポスターのデザインしております。数回、学生にお願いしたことはあります(4回ほどかな?)。もう随分長い歴史ですね。歳を感じます。たまに昔のT-shirtsを着ている人を見かけるとうれしくなります。
by: kinda * 2006/11/04 01:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

「人の動き次第で自分の動きを決める」しかも「楽しみ」ながら。
ということがカギなのかもしれません。
ありがとうございます。なんとか言葉にできそうです。
もう少し考えてみます。
それにしても、金田先生がデザインされていたとは!
ポスターもTシャツもイベントを盛り上げる必須ツールで、雰囲気をかなり左右するものですから、重要な役割ですね。
今年のTシャツは特にお気に入りです。
by: Tominaga * 2006/11/04 18:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/65-b05c02bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。