発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
意欲と発想を引き出す会議術。


地元でワークショップというのは
かなり照れくさいです。


昨夜は、地元越前市にて
武生青年会議所にお招きいただきまして


「意欲と発想を引き出す会議術
 ~何に引き出されるのか?~」


というテーマで2時間半のワークショップを
務めてきました。


青年会議所というのは
地元企業の次世代を担う方々の集まりで
年齢的には僕と同じくらいなので
子供時代から知っている同級生がいるんです。何人も。。。


そういうところで、講師というのはキツイです。
冷や汗かきながらの2時間半でした。



さて、「意欲と発想は何に引き出されるのか?」
などという大仰なタイトルを掲げつつも
実は、たいした答えは用意しておらず

いつものことですが
参加者の皆さんなりの答えを一緒に探す
という進め方をしてきました。


ひとりひとりが違う心と体と経験を持っていますから
意欲も発想の引き出され方もいろいろです。

追い込まれて引き出される人もいれば
余裕があるときに引き出される人もいるでしょうから。


いろんな違いはあるものの
おそらく誰にでも共通することは


人として信じられ、期待された上で
魅力的な問いを与えられた時


意欲と発想が引き出されるということは言えそうです。
僕はそんな思いを込めて


安心感を醸すような暖色系のパワーポイントスライドに
「何に引き出されるのか?」と大きく書いておきました。


皆さんにリラックスしていただき
取り組むべき「問い」を明らかにすることこそが
僕の最大の仕事だと考えているからです。

それこそが、皆さんの意欲と発想を引き出す源だと考えているからです。


それが、メッセージのすべてだったといってもいいくらいです。

問いを立て
一緒に考えましょうと誘う。


意欲と発想を引き出す会議術の極意だと思っています。


ありとあらゆる場所で
意欲と発想を「押さえ込む」会議が今日も開かれています。


「何を」話し合うのか?も大事ですが
「どのように」話し合うのか?が意欲と発想に大きな影響を
したがって、結論への納得度や実現可能性に大きな影響を与えることを
忘れてはいけないと思います。


武生青年会議所の皆様の会議が
ますます意欲と発想に満ち満ちたものになりますように。

学びの時間をありがとうございました。
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(4)
コメント
--はじめまして--

福井県のtontonと申します。
私の会社でも会議が頻繁に行われています。
意欲と発想を「押さえ込む」会議が・・・。
こんな会議をする位なら書面配布でいいのでは?と思ってしまいます。
by: tonton * 2009/03/28 09:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

tontonさん、ようこそ。
意欲と発想を押さえ込む会議をされてますか。。。
残念なことですが、「引き出す会議」に出会う方が稀なのが現状のようです。
他者を可能性に満ちた存在として捉えられるか?
立派で正しい結論ではなく、やる気になる納得できる結論を探す姿勢が持ってるか?
そこが分かれ道だと思っています。

同じ福井県ですから、いつかどこかで、お会いできること、楽しみにしております。またお越し下さいませ。
by: 冨永 * 2009/03/28 23:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

富永先生の所と近いのでいつかお会いできると思います。
お邪魔しに伺うかも・・・でも、ご迷惑ですよね(ーー;)
by: tonton * 2009/03/29 01:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

tontonさん、ようこそ。
おっと、ご近所でしたか!
市内でもたまに公開ワークショップしてますので
ご縁があれば、お会いできると嬉しですね。
あとは。。大学の授業にモグリで来ていただくとか(笑)
ご対面の機会をいただけるなら、どこへでも伺いますよ♩
by: 冨永 * 2009/04/01 16:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/648-2f7a80b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。