発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
タスキがつなぐもの。



今年最初のワークショップを
昨日、ある温泉地でさせていただきました。


ある企業の新年会を兼ねた
社員ミーティングの席でした。


「最強のチームになろう」という冒頭の社長訓示を聴きながら
ふっと、正月に熱狂した箱根駅伝へと思いが巡りました。



苦しくてヨレヨレになっても
タスキを握りしめて、次へつなごうとする。


ゴール間際に
タスキに手をあてて、チームでのゴールをアピールする。



タスキに手をかけることは
ランニングフォームを考える上では
非効率で、むしろ減速を招きかねなくても。


彼らのタスキに込めた思い
何が何でもタスキをつなぎたいという思い。


それは、ランニングフォームの効率を超えて
彼らの身体を前へ前へ動かし続けるのだと感じました。



チームとして
何が何でもつなぎたいと思える
タスキを創れるか。



これからの時代にあって
大きな位置を占める課題でしょう。



僕の役割は
時を共にさせていただく皆様の中に
タスキを生み出すお手伝いをすることです。




昨日のお客様は
昨年来の急激な経済状況悪化の中にあって
順調な成長を続けていらっしゃいます。


ひとりひとりが
タスキを確かに持っていることを感じた
とても心地よい充実したワークショップでした。


ありがとうございました。
スポンサーサイト
 発創する組織風土 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/635-f69d49a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。