発創アリ。

2017 04
03 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
年末年始、読み尽くす。



残った仕事は
紀要論文だけで
あらすじはできたので
御用納めの気分になりました。


年末年始は読書三昧にしようと
図書館にいってきました。


じっくり落ち着いて読みたい本を
揃えてみました。


テーマは「生きる」です。


「マイ・ドリーム」(バラク・オバマ)

「違いを超えた創造」ができる人ではないかと
今、一番注目してるオバマ次期大統領の自伝です。
あの勇気と自負心と情熱と知性は
どんな背景を持っているのか知りたくなりました。


「三国志」(北方謙三)

全13巻ですからね。。。現在8巻目。
こういう時に読まないと、なかなか完走できません。
男の生き様のお手本がたくさんあります。


「断絶の時代」(ピーター・F・ドラッカー)

もう40年も昔の本ですが
時代の変わり目をどう読み取るのか
という視点が、とても勉強になり、今でも生々しさを保っています。
というか、この人、ノストラダムスよりすごい予言者です。
恐ろしい正確さで、現代を予言しています。



「チェ・ゲバラ伝」(三好徹)

革命に人生を捧げた人に触れたかったんです。
広く長い視野を持ち、可能性を確信し
そこで命を燃やす生き方を知りたいと思いました。



「深夜特急」(沢木耕太郎)

超メジャーな旅行記です。
大好きな本で、もう何度も読んでいます。
どうしても人に勧めたくなる本です。
買うたびに、人にあげたり、貸したりして、手元にありません。
大学の時の貧乏旅行には、この本を持っていきました。
沢木さんの旅に憧れて、僕も27歳の時、旅立ちを考えたことがあります。
心の洗濯をするには、ぴったりの本です。




いろんな人生、旅に触れて
来年の新しい旅に備えます。
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/631-4085e606
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。