発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
脳に名前を。
昨日
お酒の席で面白いお話を
うかがいました。

その方の名前は
「まさのり」さん
です。

でも
その方の「の名前」は
「トニー」
なんです。


大学の先生ですが
学生には

自分のに名前をつけて
に手紙を書いてあげましょう

と教えているそうです。

>僕のジョニーへ
>最近、沈み気味だよね
>どうしたの?
>この前、言われたことが気になってるのかな?

という具合に。


さらには
会話するときでも
お互いに「の名前」で呼び合うことを
提案されてます。


>きついこと言うけど
>これはお前に言ってるんじゃない
>お前のの「ジャック」に言ってるんや

>そうか、わかった
>ジャックも反省するやろ


こんな具合です。


これは
面白くて
深い。


自分を冷静に見つめましょう

とか

感情的にならずに話を聞きましょう

とか言われますが
「自分」として
「自分」や「相手」を見ると
どうしても冷静になれません。

自尊心が邪魔します。


でも
「自分の」を「相手の脳」を
見つめるなら
冷静になれるかも。

ポイントは「名前」ですね、多分。

「名前」があることで
まるで自分から独立した存在のように
思えますから。

何を直せばいいのか
どんなケアをしてあげればいいのか
素直に考えられそうです。


余談ですが
大学時代の陸上部の後輩は
足を痛めている仲間に対して

>足が痛いんじゃない!
>脳が痛がっているだけだ!

と言っていました。
彼なりに励ましていたんでしょうか?
彼の愛読書はもちろん
『唯脳論』(養老孟司著)
でした。



脳に名前をつけてみませんか?

注意点がひとつだけ。

名前は
どんなのでもいいけれど

やっぱり
異性の名前を
つけるのは
なるべくなら
避けたほうが
いいかも…

ごっつい
山本太郎さんの
脳の名前が
「芳江」
だったら

ちょっと
まずくないですか?



ファシリテーター
冨永良史

スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
コメント
----

この話、最高ですよね。
人間(特に日本人)って、本当に気遣いしすぎで「実りある議論」が出来にくいですね。
この方法は素晴らしいし、議論が楽しくなります。

あ、私の宿題は「ゴール」または「エンドライン」、「コーナーポスト」の設定でしたね。なんとか探してもらいます、ジャックに頼んで。
by: kinda * 2006/11/04 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

金田先生が宿題にどんな答えを出されるのか、とても楽しみにしています。
あっ、間違えました。ジャックが答えを出すんですね。
ジャックのこと、励ましてあげてください。
by: Tominaga * 2006/11/04 18:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/63-db52995e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。