発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
ファシリテーション?
ファシリテーションとか
ファシリテーター

言葉の意味
現在の組織、社会における位置づけ
将来

については、カテゴリーを
分けることにしました。

最近、急速に注目を集めている言葉
だけど、わかったようでわからない
まだまだ抽象的な概念なので。

いろいろな切り口で
これはいったいなんなんだろう
ということを考えてみます。


スキルについては
「発創する会議術」
でお知らせしていきます。


で、今回は
ファシリテーションの意味
について。

何に近いのか?
を考えてみます。


たまにみかけるアナロジーで

ファシリテーター
問題解決の産婆である。

というのがあります。
これは本質を深く表現しているなぁ
と感心させられます。


産婆さんは
クスリとか麻酔とかメスとか
使わないんですよね。

母体の自然な出産機能を
助けてあげるだけ。

それに対して

産婦人科だと
なんとか誘発剤?とか
帝王切開とか
して

胎児を速く、楽に
取り出します。
ちょっと不自然なことして
無理するわけですね。


一概には言えませんが
お母さんの身体にも精神にも
産婆さんの方が望ましいみたいです。


身体にやさしいし
それに
「産んだ感」がくっきり残る。

こういうのって
赤ちゃんに対する愛情に
影響しませんかね?



ファシリテーション
チームの問題解決力を信じて
それがいちばん発揮しやすいような
場を整えます。

強引なリーダーシップとか
あらかじめ答えを用意したりとか
しない。

待つ、触発する、視点を変えてみる。
そんなことしながら
問題を解決「させて」いきます。

赤ちゃんを取り出す
のでなしに
赤ちゃんを「産ませる」
わけです。

自分たちで解決した感が
強く残ります。

ここ、大事なとこ
だと思うんです。


ファシリテーター
冨永良史







スポンサーサイト
 ファシリテーション? コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/62-e65fb7de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。