発創アリ。

2017 03
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
「看る」ということ。
「働かないって、ワクワクしない?」という本の中でも
見る」という言葉に出会いました。
そこではあえて「看る」と標記されていました。

働かないって、ワクワクしない? 働かないって、ワクワクしない?
アーニー・J. ゼリンスキー (2003/09)
ヴォイス

この商品の詳細を見る



この中で、禅の老師が「満ち足りた人生を送るための三つの秘密」を語る話が紹介されています。その3つとは…

1.看よ
2.看よ
3.看よ

…です。ここで言う「看る」とは「注意深く見る」ことです。満ち足りた人生を送る人は、常識や固定観念にとらわれず、現実を注意深く見つめ、プラスの側面もマイナスの側面も見出し、チャンスを逃さない。
「看ない」人は、自分が狭い見方をしていることに気づかず、チャンスを逃す。

そんな話でした。

見る」なんていう行為は、目を開いている限り自動的に生じるもので、あまり意識していませんが、ここが落とし穴なのでしょう。

自動的にやっていると思っている限り「看る」ことはできません。
実は自分の固定観念が見せている現実を、本物の現実だと思い込んでいることに気づきません。

心がけたいこと。それは

いつも一所懸命に、でも肩の力を抜いて「看る

です。
自分の前に何が開けるか?
それは、自分が何を「看るか」にかかっているのですから。


前掲書は、決してニートの薦めではありません。
クリエイティブに生きるための啓発書とでも言うべきもので
とても示唆に富んでいます。お勧めします。






スポンサーサイト
 未分類 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/6-28005ee3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。