発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
大きく考えて、小さく決める。



確実に実行できることというのは
「小さなこと」です。


短時間でできて
難易度が低く
成果が見えやすい。
ゆえに、実行への動機が生じやすい。


こういう「小さなこと」なら
実行、完遂の可能性が高いです。



一方で
小さなことだけでは
行動を維持することが難しくなります。


レンガを積むことは簡単で「小さなこと」ですが
それを「3年間休まずにやれ」と言われれば
3時間で放り出したくなります。


小さなことを実行し続けるには
「大きなこと」が必要でしょう。
それは


どうやって社会の役に立つのだろう?
3年後、どんな素敵な状態になってるだろう?
1年後は?30年後は?
あの人は、どんな顔して喜ぶだろう?


小さなことを実行し続けるには
大きなこと、意義、がないと難しい。。。


だから。。。
何かを話し合って決めるときには


大きく考えて
小さく決める


が大切です。


大きな背景・意義を考えつつも
小さな実行しやすい結論を出す。



僕達の日常の話し合いはどうなっているでしょうか?



小さな目先の意義を追い掛け回して
大きな漠然とした実行しにくい結論をだしている場面は
多くないでしょうか?



小さく考えて
大きく決める。


なんだか、そんな気がするんです。
自戒の念を込めて。



ファシリテーター
冨永良史
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/549-11aa6d06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。