発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
交わる。



○○組合、○○協会、○○連合会。。。
○○協議会、○○連絡会議。。。
○○自治会。。。


ここ半年ばかりの間に
お仕事をさせていただいた
お客さまの組織名です。


○○株式会社や○○市役所など
単一組織も、もちろんあるのですが。。


上記のように

いろいろな組織、単体の集合体のような
「組織の組織」とでもいうような

そんなお客様が多くいらっしゃいます。
ご依頼は、どちらも、ほとんど同じです。


「自分達で話し合って結論が出せるようにしたい」
「そういう組織にしたい」
「今までは受身ばかり。一部の人が引っ張ってきたから」



今の世の中


家庭は核家族に。
ビジネスも学問も専門分化して。
地域社会は希薄になって。
行政の縦割りは改善の兆し見えにくく。。。


という具合に
あらゆるものの「つながり、交わり」が薄くなり
断片化、細分化の様相を呈しています。


一方で
それぞれの断片は
単独では解決し得ない問題を抱え
会社も家庭も役所も、閉塞状態。。。



今、再統合の時代のように見えます。


あらゆるモノゴトが専門化し、個性化し
細分化、断片化が進むことで
世の中は、急速に進歩し
私達の欲求はキメ細やかに実現するようになったのも
事実かもしれませんが。。。


私達の「つながり、交わり」によってしか解決しえない
「大きな問題」は、より深刻になっているようです。


断片化を超えて
もう一度、私達はつながり、交わっていくことが
必要になる。そんな社会になる。


そんな兆しが
冒頭に紹介した
「組織の組織」がお客様になってきている
という状況に現われているようにも見えます。



ファシリテーター
冨永良史
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/543-26db13b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。