発創アリ。

2017 03
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
40人の瞳。



地元の仁愛大学で
ビジネスコミュニケーション研究という授業を
担当するようになって約2ヶ月。
全体予定の3分の1が終了しました。


毎回、授業内容についての
フィードバックをミニレポートしてもらうようにしてます。


いつも感じるのは
40人の瞳が僕の色んな振る舞いを
色んな風に解釈してるんだ
ということです。


授業方針としては

プログラム・デザインは大雑把に
その場で起きたことを丁寧に探求して
生の現実から、使える学びを発見する。

と考えています。
かなり即興に頼った授業です。


普段は話さないような人と
普段は話さないようなテーマについて
まじめに話すことを求めるのですが

そういう方法は
案外と好評です。

一方で
僕が最重要の意図を込めて伝えたメッセージ、振る舞いよりも
ほんのささやかな言動が一部の学生達には
大きな影響を与えたりしています。


何の意識もしていないような
些細な振る舞いに過敏に反応するんですね。

40人いれば、40通りの反応ポイントがあって
それでもなお、ひとつの方向に向けて
みんなの時間と思考をデザインしていかなければいけないわけで
なんともやりがいのあるお仕事です。


しかしながら。。。
40人は多すぎたかなぁ(汗)

じっくり深く学びを探求するには
ふさわしい人数がありますね。やっぱり。


それぞれに何かを求めて集った40人に
どれだけリアルな何かを発見させてあげられるか。
チャレンジの日々は続きます。


ファシリテーター
冨永良史
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/531-6f21398f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。