発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
感情からチームを創る3ステップ。





多様な個性の
単なる集合体としての「グループ」を
ひとつの目的のもとに協働する「チーム」に変えるために


目的の共有


は最重要事項です。
といっても、最重要であって、唯一事項ではないわけです。


チーム創りはもっと繊細なものなので
丁寧にステップを踏めば
固い結束を偶然と必然の間に生み出すことも可能です。


僕が企画するワークショップでは
目的の共有以外に、少なくとも3つのステップを踏むことで
チームビルディングを行なっています。


ステップ1.感情の共有
目的に対して抱いている感情をプラスもマイナスも
さらけ出し、ありのままに受けとめあう。


ステップ2.課題の共有
目的実現のために、具体的にどんな成果が必要で
何が困難なのか、障害になっているのかを、率直に指摘しあう。


ステップ3.約束の共有
目的実現のために、自分の行動をどう変容させるのか。
自分が「やること」「やめること」「他者に期待すること」を明言しあう。



という、チームづくりの3ステップです。

一般的に、チームづくりやプロジェクトマネジメントの基本としては
目的→課題→役割分担→スケジュール化
等が考えられますが、それだけでは、感情の側面が漏れてしまうので
そこを補ったのが、先述の3ステップです。


役割分担もスケジュール化も
決められたことが、自覚・覚悟を持って実行されるには


「私達は、ひとつにつながった仲間だ」


というチーム意識が大切で
その源は感情の共有です。


感情の共有の上に
できるかどうか不安に思っている課題も含めて
すべての課題も感情とセットで共有し

最後に、自分の覚悟と他者への期待を
明言化することで、チームとしての一体感を生み出します。


大切なことは
感情をベースにして、この順序を変えないことだろうと思います。


課題ありきでなく、役割ありきでもなく、締切りありきでもなく。
チームづくりは、プラスもマイナスも含めた感情の共有から。

多忙なビジネス最前線では
ついつい忘れられがちなことだと思います。


ファシリテーター
冨永良史

↓いつも応援ありがとうございます。よろしければ、本日も、おひとつ。。。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ


スポンサーサイト
 発創する組織風土 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/518-d4a4bfd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。