発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
アイディア栽培学。




僕達の脳みそ
完全に空っぽっていう状態は
実は、そうそうないです。


いっつも
何かがモヤモヤと思い浮かんでます。
真っ白にはなかなかなれません。



で、もし
思い浮かんでいるものすべてが
すごい革新のタネだとしたら?



決して夢物語でなしに
そういう解釈って、十分アリだと思います。


ふとした感情、気持ちの揺れ
思いつき、なぜか気になる景色
なぜか腹立つあの人の表情。。。


こういう、フッと一瞬
頭をよぎるいろんなことを
もし、丁寧に摘み取って、保存して
いろいろ組合せたり、融けあわせたりできたら。。。


きっと毎日
すごいアイディアが生み出せると思います。


だけど。。。
こういう一瞬の思いつきは
ほとんど、消えてなくなってしまいます。
口にされることすらなく。



アイディアって
生まれるものというより
汲み取って、育てるものだと思うんです。


放っておいても生まれない
タネがあっても、発芽しない。


すべてのタネに可能性があるって思ってあげて
普通の作物のタネと同じように育成環境を整えてあげて
発芽したら、水と養分を与えてあげて。。。


そのくらいしないと
アイディアってモノにならないんじゃないでしょうか。


それは、自分の中での栽培もあるし
チームの中での栽培もあります。


自分で自分のアイディアに栄養あげないといけないし
チームの中でも、ポッとひらめいたアイディアを
可能性の源として、丁寧に育ててあげないといけない。


アイディアって
生まれるものというより
育てるもの。

アイディアはもともと
とても弱いものだから。。。

だから
アイディアが育つ環境に目を向けて
それを整えるのってとても大切。


今の世の中、組織
アイディアにとって厳しい生育環境です。


というわけで
アイディア栽培学でした。



ファシリテーター
冨永良史

↓いつも応援、ありがとうございます。よろしければ、今日も、おひとつ。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(2)
コメント
----

先生

とうとう、新しい学問を発見されましたね。
商標登録してみては如何でしょう。

これから確立して出版して、大学の仕事が増えて
そのうち学者になれるかもしれませんよ。

ぜひ忘れやすい部分の性格を改善してください!
by: みお。 * 2008/03/30 19:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

みおさん、ようこそ。

新しい学問ですか。。。
確かにネーミングは新しいかもしれませんね(笑)
中身は、いろんな切り口から議論されていて
決して新しくはないですが。。。

あ、書籍はそのうち出すと思いますが
「アイディア栽培学」になるかどうかは。。。未定です。
放浪する学者になる予定です。

忘れやすい性格というのは、僕のことでしょうか?
。。。改善の努力はしてみますが
努力する決意をしたこと自体を忘れてしまうので
どうにも始末に負えません(涙)
まじめな話です。
by: 冨永 * 2008/03/30 22:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/514-503bace5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。