発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
何かおかしいけど、言えない。





話し合っていて
結論が出かかっているときに



(なんかおかしい。
 それでいいのかなぁ。
 ど~も納得できないんだけど。。。)



という思いを抱くことって
ありますね。



問題は


それが「言えない」こと。




なんかおかしい。
というレベルだから
うまく言葉にできない。
だから、誰もが薄々感じていても
誰もが言い出さない。




そういう状態が
会議の「運命の分かれ道」ですね。


大切なことは
そんなときに


「なかヘンです。
 うまく言えないけど
 このままじゃダメだと思います」


と言える雰囲気をつくり込んでおけるかどうか。
言えるかどうかは個人の資質にもよりますけど
それにたよるんじゃなくて、言える雰囲気をつくり込む。



誰もが
「なんかおかしい」
とおもいながら


外部の人から見たら
「えっ」と思えるような結論が
合意されたりします。



「何かおかしい」が言える雰囲気作り。
これ、すごく大事で、すごく放置されてる分野です。




まず
全員賛成とか
反対意見ゼロというのは
「何かおかしい」と疑ってかかることから
始めてみてはいかがでしょうか。



ファシリテーター
冨永良史


↓何かおかしい?何でもいいから応援クリックを~。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/480-ab1e3db0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。