発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
体感というのは、すごいもんだ。





ワークショップを進行、触発する
というのは、僕の仕事の大きな要素でして


それはそれはものすごく張りつめると同時に
ものすごくのめりこんで、楽しい時間帯でもあります。


僕にとってのライブ演奏の場ですね。



中でも楽しいのが
即興演奏(アドリブ)まみれで
予定調和の対極にある体感型ワークショップです。


身体と脳みそを総動員して
協働作業をしていただくワークです。


積み木を積むとか
パズルを組み立てるとか

そういう
ささやかな協働作業なんですけど

ただ話し合うワークと比べて
相当な盛り上がりですし、みなさんの表情も
ものすごくイキイキします。

休み時間になっても
どうしたら上手くいったのか
延々と反省会をしているチームがあったり。



この「体感」という要素は
大げさに言えば、現代社会において
ものすごく軽視されている
ものすごく大切な創造、合意の源です。


一緒に
身体を動かして
一緒に
身体で感じる。


それだけで
チームはひとつになります。
新しい発想が生まれます。
対立を超えます。




現代社会の組織は
脳みそ対話に偏りすぎてるわけで

だからこそ僕は
バカみたいに単純な
お遊戯ちっくなワークショップを繰り出すわけです。


バカみたいに単純なワークに
バカみたいにマジメに取り組み
仕事と同じくらい真剣に反省会をする。


そこから手に入れる気づきの豊かさは
バカにできないんです。



ファシリテーターー
冨永良史



↓体感できるくらい、激しい応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/466-737e10c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。