発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
たたかれない「たたき台」。


たたかれない
たたき台


なんだか早口言葉みたいです。。。



入念に考え抜かれた
「議論のたたき台」が準備されると



その名に反して



あんまり「たたかれず」に
議論が終わっちゃったりします。



議論するみなさんの脳みそが
「お客様モード」になるからです。

「ワシらは、ちょこちょこ文句つける人
 まとめるのは、事務局さん」

みたいな。



寂しい会議です。
人の可能性にフタしてます。



だけど
たたき台が歓迎されるのは


それがあることで

議論が紛糾せず
結論が出やすく
時間も節約できるから

です。


一方
それがあることで

みなさんの当事者意識は低いまま
結論を実行しようという動機は起きず
いつの間にやらウヤムヤに

ということになります。
たたき台が必要だと思わせる人間観は


人は自分勝手に言いたいことを言う
人の話は聴かない
だから話はまとまらない


というものです。


もっと
人の可能性を信じた話し合いをすべきだと
会議屋の僕は思います。



言いたいことを言い尽くしたとき
人は人の話を聴きます。
お互いの話を聴きあった時
話はまとまります。


自分達で話をまとめたとき
人はやる気に溢れます。



そういう場を作るマインドセットとスキルに
注目してこなかったがゆえに
どうしても「たたき台」が必要だという発想から
抜け出せないのだと思います。



話をまとめることは
「方法」によって可能になります。
決して偶然でも、人格によってでもないはずです。


話し合いの方法への注目は
僕達の可能性をもっともっと花開かせるものだと
そう信じています。




ファシリテーター
冨永良史


↓たたきまくって応援クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/462-bfa81ccf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。