発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
会議を観察する。

■■発創する会議術7.■■

「会議を観察する」


会議を創造的な場に変える優れたファシリテーター(進行役)は
会議、議論の流れを客観的に捉えながら
的確に議論に介入していきます。

この能力を身につけるため
まずは、会議を純粋に客観的に、そして真剣に観察すること
からはじめてはどうでしょう。



■観察者だからこそ

きっとこんなことに気付くでしょう。

議論がすれ違ってるんだけど…
あの人の意見、ピンボケだなぁ
この議論、目的がないな

進行の人は、なぜ、ここで黙っているんだろう?
この人の発言で、議論の流れが変わった!

発言するのは一部の人ばかりだ
あの人、何か言いたそうだけど…

これらのことは議論に参加していても
無意識的に感じていることですが
完全に議論を離れて、観察に徹することで
より大きな視野で、冷静に見つめることができます。

議論に参加している人たちは
これらのことをすべて、意見を持った自分の視点、立場から
感じていますから、偏りがあります。

だからこそ、透明で客観的な観察者の気付きが
意義深いのです。



■観察を振り返る

会議を創造的な場にしようと思ったら

ひとりの観察者を任命し、じっと観察させる

そして、さらに大切なことは
会議が終わったら、気付いたことを報告してもらう
報告内容について、みんなで考える。

何が良かったか?
何が悪かったか?
改善のヒントはないか?
次の会議ではどうしよう…

すぐにでもできることですが
とても効果的です。



■観察者を体験する効果

できれば、観察者の役を順々にみんなで体験すると
さらに効果的です。

進行役(ファシリテーター)はどうあるべきか
発言者はどうあるべきか
をみんなが発見していくことができたなら

そのチームの会議力は格段に向上するでしょう。

会議に観察者を置いてみませんか?
観察者の声に耳をすます、振り返りの時間を持ってみませんか?



written by 発創デザイン研究室 冨永良史
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/45-9b9661bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。