発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
偽装な世の中。




偽装ニュース
続々ですね。



食べ物に関することですから
命に関わるわけで
大事な問題なのはよくわかります。



偽装しちゃった人達を
責めるのも、そろそろ程ほどにしても
いいんじゃないかなぁと思います。



ありのままに世の中を見れば
偽装じゃないもの、ことなんて
そんなにないです。



マスコミ報道は
ほとんどすべて
真実を作為のもとで編集した
「編集」という名の偽装です。


ま、真実というものがあれば・・・
ということですけど。
このヘンは、現象学的になっちゃうので
また別の機会に。



企業でも役所でも個人でも
あらゆるPR活動はすべて
自分の強みを強調し、弱みを影に潜める偽装です。

履歴書の書き方の教科書には

「嘘はいけないけれど
 強調ポイントを相手によって変えることは必要」

と書いてあります。
小さな強みを強調して
大きな弱みをサラッと流すこともアリなわけで
偽装スレスレです。


とういか
僕達の人格そのものが偽装ですけど。。。
これも言い出すときりがないので、別の機会に。


広告宣伝は言わずもがな。
真実を淡々と伝えてるところなんてないでしょう。
みんな自分がいかに凄いかを伝えたいわけですから。
カッコ良いスタイリッシュなCMを放映して
社内の実情はボロボロなんて、よくある話で。




というわけで
賞味期限など
数字に表れる白黒はっきりする偽装は
責めやすいのですが


実は世の中
「偽装はアリだよね」
というお約束のウチに成り立っている

という見方も十分アリだと思うんです。



というわけで
吉兆さんをいくら責めても
世の中よくならなくて
というかトゲトゲした世の中になるばかりで

こういう機会には
自分がいかに偽装してるかを
振り返るのが社会の倫理を回復するのに
必要なことだろうと、そう思ったりします。




ファシリテーター
冨永良史


↓偽装でもいいので、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ


スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/441-80bc0da7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。