発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
「できなくなる」という進歩。



進歩とは
何かが新たに


できるようになること


だと言えそうです。



電話
テレビ
自動車
インターネット


すべて
今までできなかったことを
できるようにしてくれた製品です。



その結果
僕達の生活は
便利になり、ある意味、豊かになり
一方で、必ずしも豊かではなくなりました。



ここで
逆の進歩の価値を考えてはどうかと思います。



「できなくなる」という進歩


です。



制約や不自由によって
それを反動にして
人間の能力は飛躍します。



目が見えない人の聴覚が
並外れて優れるように。



僕達は
制約をどんどん外すことによって
豊かな瞬間や、能力を失ってきたのかもしれない。
そう思うんです。



もし
人間の理性、慣性が進歩するものなら



あえて
自分の欲求の何かを
封じ込めるような
そんな文化を作れてもいいのじゃないかと
思います。


もう、ずいぶんと
長い歴史を刻んできたわけですし。



環境、倫理問題が
噴出する今。



そういう突然変異みたいな
逆方向進歩が起きてもいいのかなと。




ファシリテーター
冨永良史


↓応援クリックは、これからもずっと「できる」でいてください。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
コメント
----

逆方向の進化、それは確実にあり得る道だと思います。
何かのSFであったように思いますが、物質文明の対極として、自らの肉体を進歩させる。
5感だけでなく、文明が始まる前持っていた第6感的なものもよみがえってくるのかもしれません。
by: 南の冠座 * 2007/10/24 12:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

南の冠座さん、ようこそ。

そのSF、興味深いですね。
僕の妄想してることと近いです(笑)

「話し合う力」というものも、進化すべきものとして
対象にすると、いいなぁと思ってます。
by: 冨永 * 2007/10/25 14:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/426-178c3482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。