発創アリ。

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
どんだけ小さいんだぁ。


村上春樹さんの小説を
読み漁った時期があります。
村上さんは比喩がとてもクールです。



例えばこんな表現があるんです。
ふっと思い出しました。



登場人物が
「小さい」ということを
例えていう場面です。



「ホームベースの上に置いた夏みかんを
 外野から見るくらいに小さい」
(1973年のピンボール・・・講談社)



どんだけ小さいんだぁ~


という感じが
ユーモラスでリアルに伝わってきます。




こういう比喩表現を
どれだけ豊富にできるか

ある概念をわかりやすく言い換えるのに
どれだけたくさんのバリエーションを持てるか



ということを
いつも意識していることは
ファシリテーターとして
創造的なコミュニケーターとして
とても有益な訓練だと思います。



小さいと言ったら
小さいに決まっているだろう


ではなく
そこにどれだけ豊かで具体的な
イメージを描けるか
それを人に伝えられるか


それは
議論の創造性を
大きく左右するようです。




どんだけ大きく?



あ、表現できない。。。
今から考えます。。。




ファシリテーター
冨永良史



↓どんだけたくさん応援クリックしてくれるのかなぁ~。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/424-2cfe4e29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。