発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
不安に蓋をせず。



スプリンター冨永は
全日本大会を前に
急に絶不調に陥っております。



不安です。



復調するんでしょうか?
復調に向けて何をすればいいのでしょうか?



すごい時間をかけて
練習を積み重ねてきたので
直前にきての不調は
動揺してしまうのですが。。。



不安に蓋をせずに
不安と一緒に、身体の声に耳を傾けながら
静かに最後の調整をしていこうと思います。



400mは
走る直前まで
いや、走っている最中も
すごく不安になるんです。


なんていっても
『どうせ最後までは全力がもたない種目』
『途中で、乳酸地獄になって、体が硬直することが
 最初からわかりきっている種目』
ですから。



でも地獄の苦しみを怖がっていると
走りが固くなってしまって
余計に辛くなります。


恐怖、不安に蓋をせず


「ほら来た、怖くなってきた、不安になってきた
 さてどうする?自分!」


のように
正面から受け止めていくことが
必要なんだなと最近、よく思います。


最近のキャッチフレーズは


『乳酸、ドンと来い』


です。
乳酸がジワジワ身体に滲んでくる
200m過ぎに、脳裏でこうつぶやくんです。



不安はなくせないもの。
不安は正面から向き合った方が
力になるもの。





そう考えています。



ファシリテーター
冨永良史


↓みなさんが応援してくれないと、不安なんです。。。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
コメント
--乳酸他の人に振りかけながら走ったら。--

Long time no see & hear!じゃの。
パタパタ(扇子の音♪)

不安はそちだけではなく皆にあるものじゃ。
考え方のくせを直せることは承知であろう。

不安を正面から受けると向かい風となるかもしれぬが
不安と一緒に走ってみてはどうか?
パタ。

「どうせわかりきっている」
ではなく友にすればそう悪くはなかろう。
背中に手を添えてくれるかもしれぬぞ。

見方にするのじゃ。パタパタ
by: 姫。 * 2007/10/17 22:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

姫さま、ようこそ。お久しぶりですね。

いつの間に西洋かぶれになられたのですか(笑)
あやうく、迷惑コメントと間違えて削除するところでした。

考え方のクセ、ですね。だったら、直せますね。
残り期間、そういうのを直すのにあててみます。

乳酸を、他の人に振りかけながら走る
ふてぶてしさと軽やかさを身につけられるように。

不安が背中に添えてくれる手、ってどんなんだろ。。。
なんか、メチャクチャ重そうなんですけど。。。
あ、これも考え方のクセでしょうか。

カウンセリング、ありがとうございました。

それにしても、キャラ作りが凝ってますね。
次は、女王さまキャラでいきませんか(笑)
by: 冨永 * 2007/10/18 10:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/422-dbd51d0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。