発創アリ。

2017 04
03 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
間違いが足りない。



正解、不正解を気にしない。
成功、失敗を気にしない。



むしろ



不正解が正解になるような
問題設定はできないかを考える。


失敗が成功に見えるような
受け止め方はないかを考える。




自己正当化とは
似て非なるもので
大事にしている姿勢です。



まだまだ
失敗が足りないので
失敗に向かって突進する勇気を持つために
必要な姿勢だと思ってます。




そう言えば
会議を退屈にし
組織の元気を奪うのは



間違い、失敗を
忌むべきモノとする
間違い回避シンドロームです。



間違いの数を競うくらいで
ちょうど良いと思います。



それくらい
人の面子というものは
重くて、固いもののようで。




ファシリテーター
冨永良史



↓間違って応援クリックしたりして。。。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
コメント
----

本当に、人の面子というものは、重くて固いものですね~・・
取扱い要注意だと思います。

りりあん的には、あのとき即実行していればよかったあと思えるものが多いのですけど、これはたぶん、富永さんは一杯即実行していて、りりあんは実行不足ってことなんでしょうね。

失敗をせずに歩くことに、意識が向きすぎているのかもしれないなあ・・・と反省しつつ
お客様には失敗させないことが最重要な職にあるので、仕方ないかなあとも思いつつ・・

ちょ~どいい加減(ファジー)を目指せたらいいなあと思います。

また、来ますね==
by: りりあん * 2007/09/27 23:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

りりあんさん、ようこそ。

前回は「即実行しないようにしている」と書き
今回は「間違いが足りない」と書き
一体、どっちなんだぁというアンビバレントな感じですが

おっしゃる通りかもしれません。
僕、実行は速いですね。
大きな決断ほど速い、というか適当(笑)

確かにお客様には失敗させられないので
自分なりの失敗できるフィールドを確保するのが
大事かなと思ってます。

あ、でも、お客様にも、本当は失敗して欲しいなぁ。
その方が役に立つし。

「お客様の失敗を支援します」とか
そんなキャッチコピーいかがですか(笑)

正確には「失敗からの学び」ですね。
by: 冨永 * 2007/09/28 08:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/407-c23ed830
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。