発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
人体主義。



騒音、ほとんどゼロ。
燃費、水だけでもそれなりに走る。
アタッチメント着用時は自重の半分程度の
荷物を運搬可。
最高速度、整備状態によるが時速40キロを
超えることがある。


環境負荷、自動車に比べればゼロに等しい。


購入価格、ゼロ。
維持費用、1日数百円~。




こんな移動、輸送機器があるんですが。
いかがでしょうか。



あ、まわりくどいですね。
人体のことです。



車は人間の発明の中でも
もっとも優れ、影響力の大きいもののひとつ
だと思いますが、よ~く見ると



たかだか6~70キロの人間を運ぶのに
数百キロの鉄の塊が必要で
化石燃料を燃やし続けなければならないなんて
それに、やかましくて、危ないなんて



そんなに優れてるかなぁ。



今、世の中は
自動車が走ることを中心に設計されていて
一方で、自動車が環境問題、交通事故など
問題を起こしています。


これを
人体を中心に世の中を設計しなおせば
問題はすごくすっきりと解決するように
思うんです。



人体の性能を高め
人体の動きがよくなるような食料を作り
人体が動きやすいような道路環境を作る。



人体から世の中を発想することで
ずいぶんと変わると思うんです。


人体はいろいろな要素とのつながりがあります。
環境、食、農業、健康、教育、精神・・・


人体主義と
呼んでみましょう。



車の性能上げる暇あったら
人体の性能、上げましょう。
というか、せめて、維持しましょう。


車の燃料にトウモロコシ使ってる余裕あるなら
ちゃんと人体に栄養あげましょう。



車主義、資本主義から
人体主義へ。




ファシリテーター
冨永良史



↓当ブログは、皆さまからの応援クリック主義で成り立っております。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/404-ec47553b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。