発創アリ。

2017 04
03 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
やる気の方程式(1)。
■■発創する風土3.■■


創造力と活力があふれる風土
ある方程式によって導かれます。
これを、ここでは「やる気の方程式」と呼びます。
それは3つの式から成り立っています。

1.結果予期+効力予期=達成動機(やる気)
2.達成動機+自己決定感+実行=成果
3.成果+評価=自己有能感

さて、難解な単語がずいぶんと含まれていますが
これはとてもシンプルかつ強力な方程式で
組織の風土に対して決定的な影響力があります。

3回に分けて、ひとつずつ見ていきましょう。


■1.結果予期+効力予期=達成動機

山登りにたとえるなら

頂上までの道のりがわかっていて
それを歩ききる体力があることを自覚しているときに
その山に登ってやろうという気持ちになる

ということです。

結果予期とは「●●をすれば○○が達成できる」
という方法と結果の関係に対する確信のこと。

「ただひたすら歩きなさい、もしかしたら頂上に着くかも知れないよ」
と言われても、方法(歩く)が結果(頂上に着く)に
結びつく確信は得られませんから
結果予期は成立しません。

次に、効力予期とは「自分は●●をする能力がある」
という方法と能力の関係に対する確信のこと。

どんなに頂上まで道がハッキリと見えていても
45度の坂道が延々3000mも続くようでは
効力予期は成立しません。

結果予期と効力予期ともに成り立つときに
達成動機(山に登ってやるぞ!)が生まれます。



■やる気を生む仕事

これを企業組織に当てはめると、どうなるでしょう?

結果予期は
この仕事をやり遂げれば、課長になれる、昇給する

効力予期は
自分にはこの仕事をやり遂げる能力がある

または、もっと日常的には、結果予期は
このマニュアルに従ってやれば、この製品が完成する

効力予期は
トレーニングを受けたので、このマニュアルどおりできる

ということになります。



■やる気を生まない仕事

実際の仕事場面はどうでしょう?
達成動機がまったく成立しないような場面を目にすることが
けっこうあります。

例えば
単純な数値処理を延々とやらされる場合

単純作業ですから「自分にはできる」という効力予期はできます。
しかし、「これをやり続けた先に何があるんだ?得られるんだ?」
という疑問は解決されず、結果予期ができません。

また、例えば
しっかりしたマニュアルがあるのだけれど、訓練がされていない場合

方法は与えられているので結果予期はできそうですが
訓練されていませんから、自身がまるで持てず
効力予期ができません。

仕事を与える場合は
それをこなせる人材に、それをすると次は何につながるか
という情報と共に与えなければならないということです。


■やる気のない仕事を無理やりやると?

実際は、誤った仕事の与え方をしても
現場には、締め切り圧力、指示者の権威圧力などがありますから
一応は、やり遂げられることが多いでしょう。

が、しかし
圧力によってなされる仕事は
圧力がなくなれば持続しません。
そこには責任感も生まれません。

能力と自負心を持ったプロフェッショナルの仕事と比べれば
その成果に大きな差がつくのは明らかです。


■あらゆる場面で方程式を使う

やる気のあふれる組織風土作りの
最初のポイント、それは

組織運営のあらゆる場面で

●●すれば○○ができる
●●は自分にできることだ

という意識が持てるようにする。
ということです。

日常の指示出し、仕事の分担
さらには、人事システムの設計にいたるまで
このポイントを無視する事はできません。


あとふたつの無視できないポイントについては
次回、次々回にお届けします。


written by 発創デザイン研究室


スポンサーサイト
 発創する組織風土 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/39-fc644423
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。