発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
あなたは解ってくれない。だから幸せなの。



自分の思いを
人に伝えることが
どんなに難しいことか
誰でも日々実感し、苦労させられます。




ブツブツ文句を言いたくなるわけです。



「なんで俺の言うことがわからないんだ」
「俺の立場も考えてくれよ」
「あいつ、バカなんじゃないの」


てな具合に。



そこで
理想状態を考えてみます。



自分の思うこと、願うことすべてが
すんなりと相手に伝わり
相手はきっちりと受けとめ、理解を示してくれる。
思ったとおりに行動してくれる。



これは素晴らしいですね。
ストレスゼロ。
自尊心、バッチリ満たされます。



だけど
解ってくれないからこそ



言い方を工夫して変えたり
自分が間違ってるかもしれないと
自分を振り返ったり
相手の思いがけない反応から触発されたり



そういうことが起きるわけです。
すぐ解ってくれたら、これは起きない。



命令には絶対服従の組織に創造性が宿らない
というのと同じです。



僕の言うことを
あなたは解ってくれない。



その時
僕は成長のチャンスをもらってる。



解ってくれなくて
ありがとう。


解ってくれないあなたに出会えて
僕は幸せです。




なんだか
仏さまの気分になってきましたね。




ファシリテーター
冨永良史



↓解っても、解らなくても、クリックしてね。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(4)
コメント
----

富永さんのブログからは、いつも学びをいただけます。
私は、コンサル(プロジェクト的新規事業展開支援が多かったり)を行ううえで必須条件の、集団のベクトルをあわせるため、また、組織活性化のため・・・つまり、集団で何かをなす上での前提条件として、こんなことを考え勉強しています。
結果として、自分自身が学んでいるのですけど・・・
記事をこころ待ちにしています♪
by: りりあん * 2007/09/05 23:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

う~むぅぅぅ

人間が出来てないので、素直に「解ってくれなくて、ありがとう」とは思えないですね。。。(汗

ちなみに、世の中では一般的にグチや不満は良しとされないですが、私は大いに結構!って思ってます(^^)

理由は、腹に溜め込むとその不満は増幅されてしまうから・・・
口に出して誰かに愚痴ることで腹の中が綺麗さっぱり掃除されるって思うんです。

あとはそのグチを聞く側の問題!

多くの人は「そんな話、聞きたくないしぃ~!」って言うんですが、そんなに真剣に真正面から受け止めなくてもいいんじゃない?って思うんですけどねぇ~

私ってひねくれてます???

って、冨永さんが本当に伝えたかった部分だけを迂回してコメント残してるんだから、聞くまでも無いか!(爆
 
|彡サッ
by: watanabe * 2007/09/06 00:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

りりあんさん、ようこそ。

「記事を心待ちに」なんて言われると・・・。
うわぁ~お世辞でも嬉しいなぁ。
やる気モリモリ、プレッシャーズッシーです。

「集団で何かをなす上での前提条件」
すごい重要テーマですね。

その条件をいかに「自然に」発生させるか
しかも反復可能なように「意図的に」発生させるか
が僕のテーマです。

これからも、いろいろご指導くださいませ。
by: 冨永 * 2007/09/06 08:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

watanabeさん、ようこそ。

はい、もちろん、watanabeさんは「ひねくれて」ます!
僕にとって貴重な「解ってくれない人」です(笑)
いつも、成長の機会を頂いてます。

マジメな話、僕が成長したり、「コレだっ」ていうアイディアを思いつくのは、「解ってくれない人の壁」にぶつかったり、木っ端微塵に敗北した後です。

だから、心を仏にして、ありがた~く聴きたいなと言いきかせてます。それでも聴けないですけどね。
仏にはなかなかなれないです。

それにしても、watanabeさんの会社、
きっといい雰囲気なんだろうなぁ、って思います。
経営者の方が愚痴をちゃんと認めてくれるんですから。
社員の方、気持ちよく働けますよね。

そのうち、履歴書送るかもしれませんので
その節はよろしくお願いします(笑)
by: 冨永 * 2007/09/06 08:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/385-33ce99f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。