発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
敗者必勝の理。



世界陸上が終わってしまって
心にポッカリ穴があいている
スプリンター冨永です。



そんなボーっとした時を過ごしていたら
お世話になっている人から
素敵な言葉を教えてもらって
目が覚めました。



僕なりに
ちょっと意訳すると・・・


「勝者は勝因を知らず
 敗者は敗因を知る」



もともとは
試験に不合格だった人を励ますために
「不合格の人には、その理由がわかる」
「だから成長できる」
という意味の言葉だったのですが


世界陸上で
日本勢の敗退劇を数多く目にした直後の僕には
上のように響いたんです。



負けを
どれだけまっすぐ受け止められるか



それが成長の度合いを決めるんですね。
自分の負けをがっちりと引き受けられるなら
それはその時に勝った人よりも
ずっとずっと成長できるということ。



だから
負けた人の方が強くなれる。
負けた人の方がより偉大な勝者になれる。



そういうことなんでしょう。
負けから逃げてはいけませんね。



今回の日本陸上陣の敗退は
遠くない将来の大勝利への過程だったのだと
僕はそう信じています。



自分の体がおかしくなるくらいに
プレッシャーを受け止め続けた彼らが
負けを受け止められないはずがないと
そう信じています。



僕も
負けを怖がらず
負けから逃げず
負けを栄養にして
進んで行こうと思います。




ファシリテーター
冨永良史


↓皆さんの応援クリックが、僕を負けに立ち向かわせてくれます。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/383-49bfce76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。