発創アリ。

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
鏡のように。




ファシリテーターは
場の鏡である。




こんな言い方も
できそうです。




議論の場で
何が起こっているのか


を議論の参加者が漏れなく把握するのは
なかなか難しいです。



参加者が知りえるのは
自分に見える範囲、聴こえる範囲。



もし会場全体の出来事
例えばコソコソ話
例えばある人の表情の変化
例えばグチャグチャになった議論


それら全部が
誰もに見えるように、共有されたなら
参加者の考えの進み方は
ずいぶんと変わってくるように思います。




だから
ファシリテーターは



会場で発せられるあらゆる言葉を
明確に復唱して
あるいは言い換えて
あるいは要約して
あるいはボードに記録して


みんなに伝えてあげるだけで
場の空気が変わってくる。



自分は
場の鏡である


だから
あらゆる出来事を
みんなに見えるように映そう



そんな意識でいることは
とても有意義だと感じています。



そんなに難しくないし(笑)





ファシリテーター
冨永良史



↓あわせ鏡のように、クリックが増幅しないかなぁ。。。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 ファシリテーション? コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/370-7a189eb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。