発創アリ。

2017 05
04 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
それが降臨するとき。


何かが降りてくるとき



というのが確実にあります。
誰にでもあるように思います。
例えば



ふっとしたヒラメキ
ボンヤリとした、でも革新的なイメージ
言葉にできないけど電撃的な使命感


のようなことが
突如として脳裏に
浮かび上がるんです。



こんな時
「それ」以外のすべてを投げ打って
降臨した「それ」に没入すること



それが
革新的成長の源だと思います。



僕には
そんな経験が
少なくとも4回あります。



「それ」は
いつ降りてくるのかわかりませんけど
狂おうしいまでに求めていた時だった
ことは間違いないようです。



ファシリテーター
冨永良史



↓応援クリックの神が降臨してます。もはや抗えませんね(笑)
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
コメント
----

こんにちは、LAビジネスウォッチャーズのCHARLIEです。

「それ」が舞い降りてきた時に、「それ」を確実に掴み取り、「それ」をモノにする。そうやって、人間は成長するのでしょうね。

また、寄らせていただきます。
----

LAビジネスウォッチャーズのCHARLIEさん、ようこそ。

「それ」は、その時にしか掴めないような気がしています。
ほんとに、儚くて。。。
文字にして残すことはできるんですけど
それを後で読んでも
「それ」の感覚は、どこかに行ってしまっていて。。。

その瞬間に敏感でいたいと思っています。
またのお越し、お待ちしております。
by: 冨永 * 2007/07/10 22:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/332-bc897082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。