発創アリ。

2017 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
必殺!墨をする。


さっきまで
テレビで時代劇観てたんです。


必殺仕事人2007


僕、必殺シリーズ大好きです。
とっても思い入れがあります。



もう7年くらい前になるでしょうか
「はしか」にかかりまして
大人のはしかはひどいみたいで


完治するまで2週間くらいかかったのですが
その間、まさに悶絶するくらいの
苦しみでした。


のどにまで発疹ができて
唾も飲めない、食べられない、眠れない。
その時、気を紛らせてくれたのが
必殺シリーズなんです。



その頃、住んでいたところのケーブルテレビでは
なぜか、朝から晩までず~っと
「必殺」シリーズを繰り返し放映していて


僕は悶絶する苦しみを
必殺シリーズをず~っと観ながら紛らせていたんです。
だから、必殺シリーズ、大好き。




さっきまで食い入るように観てました。
それで、すごく印象にのこったシーンがあって。


時代劇にはよくある
ど~ってことないシーンですけど


墨をする


シーンなんです。
一心不乱に集中して墨をする。
きっと心は静まりかえってるんだろうなぁ
なんて思って観てました。


ふた昔くらい前
墨をするなんてことは当たり前のこと
だったのかもしれません。



墨をすることはもちろん
なにかに取り組む前に、準備するときに


墨をするくらいに
静寂な心境になることって
少ないなぁ


って感じました。
いっつもバタバタ、忙しくしている感じ。



墨をするような瞬間を
日常に取り戻したいな


って思います。



ファシリテーター
冨永良史


↓静寂な気分で、集中して、クリックを。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(4)
コメント
--墨ません--

書をしたためようと墨をする行為。絵を(特にデッサンを)描く前の鉛筆を削る行為。戦に出る前に刀を磨く行為。。。
すべて「ウォームアップ」だと思います。一日でも人生でもウォームアップって大事だと思います。あ、クールダウンも大切ですね。
by: kinda * 2007/07/08 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

金田先生、ようこそ。

そうか、ウォームアップですね。
今の世の中、せわしなくて
いきなりトップスピードで走らないといけないような
そんな状況が多いように思います。

たった10数秒のために、1時間以上もの
ウォームアップを必要とする陸上競技のことを考えると
やっぱり、世の中、不自然に急ぎすぎのようです。

爆発的なスピードの前には
じっくり、ゆったりしたウォームアップがあることを
思い出す必要があるようです。
by: 冨永 * 2007/07/08 23:19 * URL [ 編集] | page top↑
--たぶん間違いないと思います。--

ウォームアップをしなくなったのは、書の場合の墨汁、筆記やスケッチの場合のシャーペンの開発、刃物の場合のカッター。。。そして、究極(現代のところの)は、コンピュータの発展だと思います。当初のコンピュータは、毎回起動プログラムを覚え込ませ、アプリケーションプログラムを覚え込ませ、ワープロとか使ってましたね。記録もカセットテープだったりして。。つまり時間がかかり、その分ウォームアップも「次どうすっかな?」と考える『いとま』もありました。フフォトショップなんぞ、くるくる時計が回ってる間にコーヒー入れて飲んでたもん。
別のウォームアップや『いとま』の取り方を考えて実践せんといかんですたい。
by: kinda * 2007/07/10 00:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

金田先生、ようこそ。

開発、発展が僕達から「いとま」を奪ったと。。。
そうだなぁ、と思います。

こんなに便利になったけど
あんなにもゆったりしていたあの時は
今はもうないんですから。。。

「いとま」を味わう僕達の精神の発達こそが
必要なのだろうと思わされます。
by: 冨永 * 2007/07/10 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/330-d3f2f36f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。