発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
行儀悪く、数にこだわる。


アイディア
企画



ただひたすらに
思いつくままに


書き出し
数を出し
並べ
並べかえること



今さらながら
やっぱり大切なことです。


要は
ブレーンストーミングは
やっぱり有効だ
ということなんですけど。



昨日の
編集工学研究室の大川さんのワークショップで
つくづく感じました。



数を出す
ということは


習慣や
変化の定型化された環境によって
固定化された

自分の
思考パターン
視点の持ち方

を解放することだと思うんです。
アイディアの数をともかく出そうと思っても


いつもの
使い慣れた思考パターン、視点だけでは
すぐに限界がきてしまって、アイディアが途絶えます。


べき論や、規範や、常識のフィルターを通している限り
たいした数のアイディアは出てきません。
行儀良く考えてたんではダメなんです。


数を出そうと思ったら
やはり


思考パターンを破壊する
自分の視点の外にでる
視点を拡大する、収縮する


などして
いつもと違う脳の状態にしないと無理でしょう。
行儀悪く
常識?責任? そんなもの知らん!
という勢いが必要なんです。


だから
数を追求しているうちに


あっ、それ!


と思わず叫んでしまうくらいのアイディアが生まれる。
だって、普段と違う脳で考えてるんですから。



なのに…
自分の日常を思い返してみると。。。


何か新しいことを
考えないといけないときでも


ちょっと考えて思いついた
3つか、4つか、せいぜい7つ8つの
アイディアにしがみついて

その中から選ぶか
適当に組み合わせて結論を出そうとしてしまう。



アイディアを出すなら
机を、ホワイトボードを、ノートを埋め尽くすくらい
出す覚悟があった方が良いようです。



アイディアの質にこだわって
3つや、4つ出たところで
ウンウン悩むくらいなら


いっさいの
こだわり、固定観念、責任感などなど
いったん放棄して
傍若無人に
アイディアを発散しましょう。



行儀のいいアイディアからは
革新は生まれないでしょう。


行儀の悪い無責任なアイディアを
丁寧に磨きあげることが出来たなら
あっと驚く革新が生まれる。


そんな気がします。



ファシリテーター
冨永良史


↓常識無視して、クリック数を追及してください。今、何位でしょう?
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 発創って何だ? コメント(2)
コメント
--初めまして。--

冨永良史さん

初めまして、「助教授」こと岩井拓実です。

>常識無視して、クリック数を追及

トライしました→さすがです!!

応援ポチっ☆
by: 「助教授」 * 2007/05/06 14:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

助教授さん、あ、いや、岩井さん、はじめまして。
ようこそお越しくださいました。

応援、ありがとうございます。
本当に、トライいただいたんですね(笑)
多分、ひとり、1日、1クリックしか
カウントされないと思うので(仕組みがよくわかってなくて・・・)
今後ともよろしくお願いいたします。

あ、ご「教授」のほども、よろしくお願いします!
by: 冨永 * 2007/05/06 18:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/257-864bfdb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。