発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
学級崩壊

ヤフーで産経新聞の記事を読んでいたら
学級崩壊のことが載っていて

従来の「反抗型」ではなく
「なれ合い型」の学級崩壊が増えている

らしい。
反抗型というのは、先生に文字通り反抗して
学級運営ができなくすること。

で、
なれ合い型というのは、先生と生徒が友達感覚のついきあいに
なってしまって、規律がいい加減になって
学級運営ができなくなること。


なんだか
反抗型を目の当たりにして、生徒が怖くなった先生が
やさしく、個性を尊重して向き合うようになったら
なれ合い型になっちゃった
みたいな感じですね。


先生は、生徒に圧倒的な力の差を見せ付けないと
いけないと思います。
逆立ちしてもかなわない、なんであんなことできるんだろう。
と、思わせないといけないんです。

親もそうです。

先生とか親とか、指導的な大人は
親しみも大事だけれど、まず何より
「圧倒的な存在」でないと。

そういうのを目指さないと。

子供よりも数十年は長く、この世にいるんですから
その蓄積の違いというのものを見せ付けられるようでないと。
そのぐらいの自負心ないと
先生とか親とか、なっちゃいけないです。


とか言って
自分は、そういう「自負心」と「現実の小さな自分」の間にある
大きな大きな断層に日々、落ち込みますが。

でも
すぐ立ち直ります。

子供に見せなきゃいけないのは

理想を持っている姿
現実を正直に見つめる姿
その間の断層から逃げない姿

だと思いますから。

何も超人でなくてもいい。
天を仰ぎ、足元を見つめ、一歩一歩、地道に進む

そういう姿で圧倒したいな、と思っています。

スポンサーサイト
 発創する教育術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/23-c4e1c850
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。