発創アリ。

2017 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
論理的であるということ。



一応
心理学科出身なので


「ユング心理学入門」


とか読んだりします。
学生時代に読んだ本で


久しぶりに引っ張り出したら
次のような箇所にマーカーが
引いてありました。


以下、引用です。


>ラッセルが物理科学に対して

>「物理学はわれわれが物理世界について
>よく知っているから数学的なのではなく
>あまりにも知らないから数学的なのである。

>われわれが発見することができるのは
>ただその数学的な性質にすぎぬのである」

>と述べている。


(以上、引用)


僕なりに噛み砕くと


論理的に表現できることがすべてではなく
論理的に表現できることしか理解できないから
論理に頼っているだけ。


という感じでしょうか。



論理は
事実のすべてを伝えるのではなく
それによって伝えられる部分を伝えているにすぎない。



学生の時から
僕の論理嫌いは始まってるようです。



論理からこぼれ落ちてしまうものをこそ
大事にしたいと思ってます。



ファシリテーター
冨永良史


↓論理にたよらず、心の赴くままにクリックを。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/227-8471b21c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。