発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
見られること。



古来の風習に
注目が集まることで
存続していく。
復興していく。


これ
良いことだと
思われてますけど。
マスコミ的に。


だから
世間の気分的に。



僕は
これがどうも
賛成できないんです。


見られることで
コトの本質が変わってしまってるんじゃ
なかろうかと、思えて。


例えば
歌舞伎のような芸能は
どんどん見られることが必要でしょう。



でも
その地方独特の奇祭のようなものは
もともとが地元の人が
自分たちの信じることに寄り添って
ひっそりと営んできたことです。


注目を集め
大勢の人に見られることで


それを見せることが
大事になってしまって
まるで、ショーのようになってませんか。
各地の奇祭されてる皆さん。


根っこにあった信心のようなものが
ショーマンシップにとって変わられはしないかと
心配します。



この
見られることで
コトの本質がすりかわる
というのは


何も伝統行事に限ったことではなく
企業組織でもよくある話だと思うんです。


「チェック」「監査」というのは
見られることですけど


そこで
何が起きてますか?
ちょっと振りかえってみませんか?


ブログも
読んでもらうことを意識しすぎると
ダメですね。きっと。



ファシリテーター
冨永良史


↓でもクリックは欲しかったりして。。。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/204-f64dc6d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。