発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
最後まで聴こうよ。

●□発創する会議術57.■○

◎最後まで聴こうよ。



こんにちは。
雪がシンシンと降り積もり
「やっと雪国らしい天気になってきた」
と思ったら

あっという間に止んじゃって
またまた快晴の
「どうなってるんだ雪国福井」から
ファシリテーター冨永です。


というわけで唐突ですが
テレビを観てたんです、昨日。


「太田総理、秘書田中」
(正式名称はもっと長いらいしいですけど)



爆笑問題の太田さん扮する
「総理」が掲げるマニフェストについて
現職国会議員の方々を交えて喧々諤々
という趣旨だったんです。



この手の「議論」を売りにする番組を観ると
いっつも思うんです。


○ひとの話は、最後まで聴こうよ。


って。
みんな、誰も彼もが


人の話を


さえぎる。
頭ごなしに否定する。


発言の少ない人が
せっかく話し始めたのに


でかい声だして
自分の流れに引き戻す。





こんなのばっかり。
朝まで生テレビとかもそうですね。
もっとひどいかも。



見苦しくて、聞き苦しいんです。



お互いの話を最後まで耳を傾けて聴いて
そこにきっと含まれているであろう
「ほんとうのこと。キラッと光ること」
を見つけようと努力する。


自分の言っていることだけが
正しかったり、真実だったりするわけではない

という謙虚な前提に立って


私の意見か、あなたの意見か
どちらかが正しい


という、対立の構図ではなく


お互いの意見を
混ぜ合わせて、融けあわせて

どちらの意見をも超える
すごい結論

を出そう


という、融合の構図で向き合って欲しい。



議論を売りにする番組なら


そういう
「すごい議論」の様子


を見せつけて欲しい。



けんか腰で
やかましいだけの議論もどき


を議論として放映しないで欲しいんです。



ましてや出席者は
国会議員です。


議論のプロであるべき人たちです。



国会の様子を見れば
プロには程遠いことは
すぐわかりますが


でも
それが「議論を尽くしている」なんてことになって
放映されてるわけで



これは
害悪だと思うんです。



議論は
もっとすごい。
すごくなれる。


そう
思うんです。



ファシリテーター
冨永良史


↓「すごいクリック」をお願いしますね。
にほんブログ村 経営ブログへ
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/189-2b2fd348
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。