発創アリ。

2017 03
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
柳沢大臣が一番悪いんですか?


柳沢厚生労働大臣
苦しいですね。


>15-50歳の女性の数は決まっている。
>産む機械、装置の数は決まっているから
>あとは一人頭で頑張ってもらうしかない。


う~ん
かなり危ない橋
わたってる発言ですね。



でもね
ここでファシリテーター冨永は
ふたつのことを思うわけです。


ひとつに


これは
比喩がまずいだけで
「少子化を解決しないといけない」
という意図にはなんら問題はない。
というかどうしても取り組むべき政治課題です。



ふたつに


野党の
鬼の首を取ったかのような揚げ足取りこそ
政治にまともに取り組む意思がないように見える。


ということです。


会議の進行的に言うと
「機械発言」は脇道です。
そもそものテーマじゃない。


そこに
みんなの意識が向いちゃったら
本来のテーマに議論を戻すのが
進行のあるべき姿。


今の国会もマスコミも
脇にそれた議論を
どんどん白熱させようとしていて


そもそも
国会でどんな問題を解決したかったのか?


ということから
視線がすっかりそれちゃってます。


会議の進行としては
かなり下手、非生産的ですね。


「少子化対策に取り組んで行きたい」
って謝罪を続ける柳沢大臣の方が

結果的に正面から本来のテーマに向き合ってる
ように見えます。



政治家がどんな思想信条を持っているか
それが偏っていないか


それは大事なことでしょう。
でも、個人の考えがどうこうよりも

国会の場でどれだけ
将来を展望した議論ができるかが
もっともっと大事なことで。


誰が何を言ったなんてことは
瑣末なんだと思うんです。


創造的な議論の源は

何を言っても許される雰囲気

です。

ちょっとした失言も見逃さないぞ

という雰囲気では
たいした議論はできないと思うんです。


みんなかしこまっちゃって
突っ込まれないように、突っ込まれないように言葉を選ぶ。


もう一方は
ツッコミどころをさがすことばっかり考えてる。


そんな会議
なんのためになります?



発言の直後に
その場で謝罪している
柳沢大臣を責める前に


本来の議論から外れている
国会の停滞ぶりを
責めたいですね。
ファシリテーター的には。



↓そう思う方、いません?
にほんブログ村 経営ブログへ


ファシリテーター
冨永良史
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(7)
コメント
--同意!!--

激しく同意です(^^;

富永さん、こんにちは
久しぶりに書き込みさせてもらいますね

以前、前原さんが民主党の党首になった時、確か「戦う野党になる」とか言って、何でもかんでも反対ばかりしていた事があり、あれれ?くだらない野党になっちゃたなぁ~って思ったことがありますが、今回も同じ。。。

一応、社民党の福島瑞穂党首あたりは、そのあたりを意識してか?柳沢大臣は、何を怒っているかが分かっていない!(女性が頑張っていない、少子化は女性の責任だという内容が担当大臣として不適切であって、「機械」という言葉だけの問題ではない!)というような発言をされていますが、それでも、私には「くだらない・・・太字の文」としか映らないんですよね。

理由は、富永さんが仰るように、肝心の問題の議論が浅くなるから。。。

いくら福島党首がもっともらしいことを言っても、対抗策が予算審議ボイコットでしょう??
問題がすり替わっているじゃないですか?

ボイコットはしないといった、共産党でも、国会内で徹底的に問題点を追求すると言う事ですから、同じですよね(^^;

もっと別の場所で、こういう問題を争ってもらいたいものです。

今の自民党もひどいが、野党はもっとひどい。。。
民主党あたりにはもっと頑張ってもらいたいんですけどね・・・
by: watanabe * 2007/01/31 12:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

同意です。
発言の全文とおぼしきものを読みましたが、
・適齢の女性数は決まっている
・人口を増やすには1人あたりの出産数を増やすしかない
ということを言うているに過ぎないと感じました。

わかり易い…というより寧ろわかり易過ぎる比喩になっていると思います。

出生率を高めるための方策は、また別途検討ということになるでしょうが、目的としては正しいはずです。
出生率を高める以外だと、大量の移民を受け入れるくらいしか人口減への対策は無いと思うんですけどね。
by: koz * 2007/01/31 16:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

おっと、同意コメントが2件も。
ありがとうございます。

■watanabeさん
こんにちは。
ボイコットはないですよね~。情けない気がします。
それって、職務放棄じゃないかなと思ったり。
柳沢大臣、職務まっとうしようとしてますからね、少なくとも。
この件、後回しにして、ホントに優先順位の高い件について
ちゃんと話そうよ、という野党がいて欲しいです。
そういうのも役目だと思うんですけど。
みんな一斉に「ダメだ、反対だ」って。。。
僕らは何に期待すればいいんでしょうか。悲しいです。

■kozさん
はじめまして。ようこそお越しくださいました。
おっしゃるとおり、この手の問題は
サラッとロジカルに割り切って欲しいな、と思います。
これが仮に問題発言だとしても
このくらいのことを考える人は、文字通り五万といるわけで
みんな聖人君子にならないといけないみたいです。
お互いに、「足りない、欠けてる、ズレてる存在である」
という意識を持って、建設的に話し合って欲しいです。
野党の論調は、「われわれは絶対的に正しい」のようですから。

またのお越しを、お待ちしております。
by: 冨永 * 2007/01/31 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
--比喩--

こんばんは。突然お誘いする竹プロです。
比喩は本当に難しいですね。
産む機械ではなく産む機会の方が良かったかも?
個人的には、言葉を慎重に選ぶ安倍総理よりも、失言の多かった森総理の方が人間味が出ていて親近感がもてました。
柳沢大臣も発言のタイミングが悪かったようですね。

先日、”適所適材”という喩えを聞いて感心しました。
”ポジションが限られている”ということを強調する為の喩えで、非常に印象に残っています。
会議の場でもインパクトのある喩えを発言したいものです。
by: 竹プロ * 2007/01/31 23:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

竹ブロさん、お久しぶりです。
読んでいてくれたんですね。突然のご来場にびっくり。
ありがとうございます。

「産む機会」いいですね。含蓄もインパクトもあって。

確かに森さん、言いたい放題、ガタガタでしたけど
「おんなじ人間だなぁ」って感じでした。

みんな「普通の人間なんだからさぁ」というところから
力抜いてお話し合いしたいなぁ、と思ってます。

また、突然のご来場、お待ちしております。
by: 冨永 * 2007/02/01 11:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

順を追って言いたいことを言えばよい。柳沢をまず叩く。次に野党とマスコミを叩く。そん次に我々にも問題なかったか反省する。それぞれみんな悪いところが違うんだ。纏めて話すのは無理だな。
by: まあ * 2007/02/03 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

「まあ」さん、ようこそお越しくださいました。
おっしゃるとおり、自分も含めてみんな悪いとこあるよな
ってスタンスで
前向きにラクに行きたいな、と思います。
ツンツンととんがるのはしんどいです。

またのお越しをお待ちしております。
by: 冨永 * 2007/02/03 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/186-5c5c4e08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。