発創アリ。

2017 04
03 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
真ん中から書く。

■■発創する会議術53.■■

■真ん中から書く。




気になるんです。
ホワイトボードの使い方とか。
みんなよく似てるので。


同じコト
あんまりしたくないし。
違う方法あるよな
と思って。



本が右から左に
あるいは上から下に向けて
書いてあるからでしょうか?

それとも
ノートは上から下に書くものだと
教えられたからでしょうか?

それとも
言葉というか文法が
言葉を一列に連ねて使うことをのみ許しているからでしょうか?


たいがいの場合
ホワイトボードの
左上から
右下に向けて
順々に書いていくじゃないですか。



あれ
たまには


真ん中から書き始めたら
どうです?



議題とか
本日の目標を
いきなり
真ん中に書くとか。






出てきた意見は
周りに


ぶゎぁぁぁ


と書き散らしていくとか。



マインドマップ(byトニー・ブザン)
ってありますけど。
太い幹作って
そこからアイディアを放射状に拡げていくっていうの。



原理はあんな感じ。


でも
そんな難しいコト考えずに


単に
いつもは
左上から書くことを

たまには
真ん中から書く

というだけ。
決まりごとなし。


ただ使い方をちょっと変えるだけ。



そうすると…



考えの広がり方が
けっこう違うんですって。



これ
思うに


通常の書き方は
「順序」に思考が縛られる


んだと思います。
上に書いてある意見に
次の意見が影響される。

何か思いついても
さっきの意見と関係がないから
言いづらい

みたいな。


でも
真ん中から書き始めれば


何が前で何が後かなんて
関係なし。


いろんな意見が共存できます。

いつでも
なに言ってもOK

って雰囲気になります。
きっと。


みんなで
何を見ながら議論するか


って
議論の進み方にすごく影響するので
ちょっとした書き方の変化が
みんなの思考をズバズバ刺激します。


書くほうも
ラクですよ。
どこに書いてもいいんだし。



ファシリテーター
冨永良史


「真ん中から」って言ってるくせに
上から書き始めてる記事を最後まで読んで下さって
ありがとうございます。

↓↓ど真ん中をポチッと応援クリック、お願いしまっす!!
にほんブログ村 経営ブログへ

スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/165-24ace28f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。