発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
おとなの絵本。

我が家には絵本が
たっくさんあります。
3歳になる娘が大好きなんで。


おかげでウチの奥様は
寝る前にたっぷり1時間は
絵本を読まされてますけど。


さて
雪が降るのを今か今かとおびえている
雪国福井のファシリテーター冨永がお送りします。


今回は


おとなの絵本


についてです。


こういうタイトルの深夜番組
あったような気がしますが
「そっち系」の話題ではないので。
念のため。



絵って
ものすごく大事だと思うんです。
理解、記憶、発創するのに。


言葉が絵になってると
ダイレクトに脳みそに伝わる
気がしますし

そこから
あれこれ発創が
「自動的」に広がります。


イメージがイメージを触発するんですね。
きっと。

言葉は論理だから
そこまで直接的にイメージを触発できないんでしょう。


絵は
こんなに効果的なのに


大人の本には
絵が少ないですね。
文字ばっか。


補足的に
「図解」が載っている本はありますけど

絵本のように
絵と言葉が一体化して融けあっている
ような本は見かけないです。


そう言えば
小さい時に言われました。


大きくなって
勉強できるようになったら
字ばっかりの本も読めるようになるからね。


って。
まるで「文字ばっかりの本が高級」
であるかのような言い方ですね。


そういう考え方
世の中全体にあるんじゃないでしょうか。


絵ばっかりの学術書、ビジネス書
もっともっとあってもいい
と思います。


会社の書類
なんで文字ばっかりなんですか。
手書きでイラストいっぱいにしては
ダメですか?


おとなの絵本
もっと増やしましょうよ。





ファシリテーター
冨永良史


絵を書こうといいつつ、文字しかない記事を
最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

下のランキングバナーをクリックなどしていただけますと
IT音痴の冨永も画像の取り込み方を覚えて
ブログに画像が挿入されるという画期的なことになるかもしれません。

応援、よろしくお願いします!!
にほんブログ村 経営ブログへ



していただけました?
どうも、ありがとうございました!!
スポンサーサイト
 発創って何だ? コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/149-30070603
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。