発創アリ。

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
それってキレイなのか?
■■発創する組織風土16.■■

■それってキレイなのか?



組織の価値観の中に


それってキレイなのか?


っていう項目を入れるといいと思います。



何を決めるにしても

「美」

を判断基準に含めるべし。
って。



予算でも、事業計画でも、人事異動でも
なんでもです。



だいたい、普通の場合、判断基準は

論理整合性、費用対効果、わかりやすさ

などです。
これはこれで必要ですけど


なんか足りない
ひきつけられるものがない、ワクワクしない。
モチベーションにつながらない。



その目標、その計画、その人事を見て


あっ、キレイ
う、美しい


と思えるかどうかを大事にしてみてはどうでしょう。


とっても感覚的なことなので
うまく伝えられませんけど。



でも、ともかく考えてみる。



論理的な事業計画


ではなく


キレイな事業計画

と言ってみる。
そうすると
ちょっと考え方、変わると思いません?


論理的なのは
言ってしまえばだれでも思いつくんです。
そういうトレーニングを小学校からやってるんですから。

でも
キレイなのは難しい。
そんなこと要求されること少ないし。
芸術家じゃないんだから。


キレイな
「美」のある組織、経営って何か
真剣に考えてみるってのはどうでしょう。



会議でも安易に結論出さずに


>その結論、なんか嫌だ
>だって、それ論理的だけど、キレイじゃないよね


なんていう意見を尊重してみるとか。



経営に美を!




ファシリテーター
冨永良史


美に目覚めるかも。
という方、ポチッとして
いろんなブログを覗いてみてください。
にほんブログ村 経営ブログへ

スポンサーサイト
 発創する組織風土 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/129-70db635a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。