発創アリ。

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
あ~爽快!


どよ~んとした天気の中
小雨の隙をついて走ってきました。


2キロ×2(レスト3分)
8分1秒-7分23秒



あ~爽快。
さっぱりしました。


って
あ、これはブログ違いでした。

スプリンター冨永のブログは
こちらへ

400mが好きだぁ~




ともかく爽快だったんです。
あまりに気持ち良くって
ブログ間違えました。


今まで何回か書いてきましたし
これからも何回でも書きますけど


運動して
身体と対話するってことは
メチャクチャ大事だと思うんです。


何の仕事してる人でも
学生でも。


今の世の中
何と言うか
養老孟司さんもどこかで言ってますけど

「脳みそ」ばっかで
気持ち悪いんです。

しかも
左の脳みそばっか。


論理的、合理的、効率的
知識、正確さ、規格


あぁ、ダメだ。
そんなん、嫌だ。


左の脳みそなかったら
今の世の中、なかったでしょうね。
それは認めますけどね。


あまりにも偏りすぎ。
右の脳みそと身体の居場所をなくしちゃってるから
こんなギスギスした世の中になってるんじゃないですか。


感覚的、非合理、抽象的
美的、ゆるみ、遊び


こういう次元で考えたいです。
暮らしたいです。



それには
運動がすごく、「いい」んです。


運動は右の脳みそ使わないとできません。
身体、使わないとできません。
もちろん、左の脳みそも使いますけど。


要は、全部、使うんです。


運動の方法は
左の脳で理解できます。

でもそれを身体で表現するとなると
右の脳でビジュアルにイメージ化しないといけないし

それができたとしても
身体がその通り動くとは限らない。



運動すると

知ってる通りにはできない

ということが簡単にわかる。
実感できる。


この謙虚さが
論理、合理が暴走する社会に必要なんです。

と運動フェチの
スプリンター冨永は力説するわけです。



どわ~っと走って

ぜ~は~ぜ~は~って酸欠フラフラになったら
小難しいコト考える余裕ありません。

理屈言う前に
「俺、ちっさいな、しょぼいな」
という感覚が先に立つわけです。

しかも
左の脳みそで感じる
「論理的」劣等感とはちと違うんです。
身体全体で感じる「ちっぽけさ」
ここが大事。
理屈じゃない。


こういう感覚
世の中を動かしてる「偉い人、すごい人」みんなが
もってくれたら、世の中、変わると思うんだけどなぁ。



運動フェチ冨永のつぶやきでした。



ファシリテーター
冨永良史


まずは、指の運動から。
ポチッと、お願いします。
にほんブログ村 経営ブログへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/128-c93b31bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。