発創アリ。

2017 03
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
答え丸暗記。
■■発創する勉強術5.■■

■答え丸暗記。



答えを見ずに
自力でちゃんと考える。


ということが
「ちゃんとした勉強法」
だと思われています。


答えを簡単に見てたら
考える力が育たないとか
言われますから。



でも
ファシリテーター冨永は
この考えには大いに疑問があります。


思考力をつけることは大事。
でも

最初から
答えを見て、丸暗記しても
思考力はちゃんと育つんです。


むしろ、その方が有効なはずです。


答えは他人の思考プロセスそのものです。
しかも、一流の思考力を持った人の一流の思考プロセスです。

答えを丸暗記するということは
一流の思考プロセスを追体験するということなんです。
そんな体験をすれば、思考力が身に付かないはずがありません。

もっとも効果的な学習は体験なんですから。


素振りがしっかりできるようになってから
ボールを打ち
ちゃんとミートできるようになってから試合にでる。


スポーツでは当たり前のことです。
思考にも練習、訓練は「みっちりと」必要なはずです。




なのに
学校を始め、社会全体的に
いきなり自力で考えることを推奨している。

素振りをあんまりさせない。

これじゃ、時間がかかりすぎるし
洗練されないプロセスが身についてしまう。
だから、その修正にも時間がかかる。


自力で考えるのは
一流の思考プロセスを身につけてからでいい。
それは武道で言えば、いわば「型」を身につけること。


型を身につけてから
次に、それを新たな問題に適用することを考え
さらに、型を自分なりのオリジナルに発展させることを考える。


自力で考えることにこだわり過ぎると
型が身につかないと思うんです。


学生でも社会人でも
勉強法の常識を疑った方がいいです。


ちゃんとした
まじめな勉強法


がいいとは限らない。



>個性にあわせて
>のびのびと考えさせる。


よく聞くフレーズですが
僕は、この言葉の中に「まやかし」
を感じます。



ファシリテーター
冨永良史


「発創」の普及にご協力を
お願いいたします。
にほんブログ村 経営ブログへ
スポンサーサイト
 発創する勉強術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/124-c00e7b24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。