発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
シキリテーター
ファシリテーター


なんてカタカナで役割名もらっちゃうと
頑張りたくなるわけです。
ついつい。


自分が
この会議を有意義なものにしてやるぅぅ。


という感じで。


でも
そういう感覚にはフタをしておいた方が
うまくいきますね。
なんとなくですけど。


要は

会議に対して頑張ると

リキミ

が出ちゃうんですね。
そうすると


自分が考えた落着点に
みんなを誘導したり

時間が迫ると
結論を急いだり

勝手に論点を設定してしまったり


いろいろと
みんなを振り回してしまう。
仕切ってしまう。


ファシリテーターならぬ
シキリテーター。


こうやってグイグイ引っ張るのが
うまくいくときもあるんですけど。
確かに。


でも、やっぱり
そうしちゃうと、場の自律性が生まれないというか


メンバーが当事者じゃなくなってしまって
ファシリテーターとか発言の多い人に
頼りにかかってしまう。


それだと
結論がシャキット出ても
その実行段階で問題が起きたりするんです。

議論を自分のこととして見てなかったから
実行のモチベーションが低くなる。



だから
ファシリテーター
頑張らない方がいいんだと思ってます。


ゆる~く構えて
みんながどっちの方に行きたいのか
じっと見てる。


かる~く背中を押してみる。
手を引っ張ってみる。
違う方向を見せてみる。



そうやって
参加者が自分で
何かを選び
何かを決めていく
ようにしてあげる。


ファシリテーターを産婆さんにたとえたりしますけど


シキリテーターは
生まれかかっている赤ちゃんの頭を
引っ張り出すようなものかなと、思ったり。


やっぱり
赤ちゃんは、お母さんの力で生まれた方が
いいじゃないですか。

その方が、お母さん幸せですよ、きっと。


そのために産婆さんは
声かけたり
姿勢を変えさせてみたり
さすったりするんでしょうね。


頑張らず
頑張ること
目指してます。



ファシリテーター
冨永良史


肩の力、抜けたかも。
という方、ポチッと。
にほんブログ村 経営ブログへ

今日は、なぜかご機嫌。
という方、おまけでポチッと。
スポンサーサイト
 ファシリテーション? コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/119-929a7bb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。