発創アリ。

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
脳になる。
■■発創する会議術32.■■

■脳になる。



人間の脳は
すごいらしいです。

いろいろな情報を同時に
あっという間に関連付けて
いろいろなシミュレーションして
最適解を出す。



コンピュータ的に表現すると
こんなことをやってるそうです。


この能力を
焦点を絞って
いい方向に使えば
すごいことができるし


ただ放っておくなら
支離滅裂
煩悩満載
オーバースペックコンピュータ。


普通の人の脳みそは
こっちのパターンの方が
多くないですか?


とりあえず
ファシリテーター冨永の脳みそは
支離滅裂、煩悩満載のときの方が
多いです。
ずっと。


正直に言ってみました。




やっとタイトルの話です。



会議室は「脳」だ!


というアナロジー
どうですか?


その場、その空間が
脳なんです。


参加者は神経細胞。

そうです。
単なる細胞です。
人格なんか

ない。


ただ刺激に対して
反応を返すだけ。

あってても
間違ってても
気にしない。
人格、プライド、ありませんから。



ポイントは

そいう刺激、反応が
すごい量とスピードでくりかえされるうちに
全体が「正解」に向けて
相互作用を始める

ということ。


間違った発言も
あってる発言も
膨大なシミュレーションの一部。


共同思考って
こういうイメージじゃないでしょうか。


一緒に考える
というのじゃ、インパクト弱い。



みんなで
ひとつの「脳になる」。

会議室は脳だ!



プライド捨てて
ちっぽけな神経細胞になって
他の細胞とつながりませんか?
響き合いませんか?


そっちの方が
面白そうじゃないですか。


僕は
そっちに賭けます。


ファシリテーター
冨永良史


お気に召したら
クリックしてみてください。
にほんブログ村 経営ブログへ


スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eupsychia.blog75.fc2.com/tb.php/101-3e5d3ba9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。